スポンサーリンク

今回はカーペットのダニ対策について記事にしてみました。

ダニ問題、悩みますよね。

布団やマットレスなどであれば布団乾燥機でダニを死滅させ、死骸は掃除機で吸うなどができますが、カーペットはその面積によりそうはいきません。

しかし、ダニを寄せ付けない方法は存在します。

カーペットのダニ予防、対策。洗浄後に忌避剤を使ってダニを寄せ付けない。

防ダニ

カーペットクリーニングではリンサーという機械を使います。

高温のスチームを放出しながら、同時に汚水を掃除機のように回収していくものです。

ダニは60℃以上の熱で死滅しますので、洗浄の過程でやっつけて、同時に取り除くことができます。

また、ダニが栄養素としてる人間の髪の毛やフケ、垢、食べ物のカスなどもクリーニングの過程で当然取り除きます。

しかし、せっかくクリーニングしても、放っておけばダニはまた繁殖します。

先ほど述べた栄養素となるものに加え、温度は20から30℃、湿度は60から80%で繁殖しやすいそうです。

つまり室内はダニにとってとても良い環境なのです。

では予防策としてどうすれば良いのか。

その答えは忌避剤にあります。

防ダニ剤となる忌避剤とは?

忌避剤とはダニが嫌がる成分で寄せ付けにくくする製品です。

使い方はとても簡単。

スプレー剤として販売している商品が多いので、購入して対象となるカーペットにスプレーするだけです。

効果としては1ヶ月ほど持ちますので、毎月一回、全体に適量を噴霧するだけでダニを寄せ付けなくなるのです。

防ダニ剤(忌避剤)の安全性は?

前述した通り、忌避剤はダニが嫌がる成分で寄せにくくするものです。

殺虫剤のようにダニを直接殺すわけではありません。

下記で紹介しているUYEKIさんのダニクリンはカーペットだけでなく布団やぬいぐるみ、畳にも使用できる商品です。

スプレー加工するだけで1ヶ月の持続効果があり、除菌効果もプラス。

清掃業者に依頼した方が良い?

結論から言うと、ご自分で購入してスプレーした方が良いです。

なぜなら業務用の防ダニ剤でも約1ヶ月の効果しかないためです。

清掃業者に依頼して忌避剤を噴霧してもらっても、1ヶ月後には再度スプレーしなければなりません。

であれば、1ヶ月に一度、ご自分でスプレーした方が良いと言うことになります。

カーペットのように面積の広い場合は、業務用の4Lを購入して、下記の蓄圧式噴霧器などを使えば簡単に作業できます。

まとめ

カーペットのダニについてですが、まずはクリーニングをしましょう。

当店ではスチームによるリンサー洗浄を行いますので、ダニを死滅させると同時に回収を行います。

キレイになった後は、防ダニ剤となる忌避剤を全体に噴霧していただき、その後1ヶ月ごとに一度忌避剤を施工していただきます。

これでダニはかなり予防できるはずです。

参考になれば幸いです。