東京都足立区でエアコンのお掃除。

新品で購入してから4年近くなるそうです。フィルターは時々掃除していたとのことですが、内部の掃除は市販のスプレーをアルミフィンにかけたくらい。業者に依頼したこともないそうです。

エアコンクリーニング

エアコンが大活躍する季節は暑い夏。毎年最高気温の記録を塗り替えているような昨今ではエアコンなしで生活するのはほとんどムリです。あえて使用しないで熱中症になって病院に運ばれる人が後を絶たない事故もありました。

ですから夏本番になる前にお掃除をしてもらおうと業者に依頼する時期は6月が多いです。

この時期はエアコン業者やハウスクリーニング業者はてんてこまいとなるほど忙しくなります。

でもエアコンにはもう一つ活躍する季節があります。

そうです。冬です。暖房としても機能するため、冬も大活躍することになります。

ほとんどの方が夏前に掃除を済ませるため、冬の暖房の為にエアコンの掃除を頼む人は少ないです。

しかし、夏に洗浄を行わなかった場合、冬のエアコンの臭いは非常に気になります。

臭いの種類とその原因

お部屋の温度を調節するエアコンは稼働させると送風口より風を送り出します。冷房の場合は冷たい風を、暖房の時は温かい風を。

「なんか臭い、匂う・・・」

と思われたことが一度はあるのではないでしょうか?臭いの種類は主に4つ。

  • ほこりの臭い
  • カビっぽい臭い
  • タバコの臭い
  • 食べ物?の臭い

ほこりっぽい臭い

エアコンの埃

エアコンには室内機と室外機の2つがあり、これが1セットとなって初めてエアコンとして機能します。

冷房でも暖房でも、室内の空気を室内機が吸い込んで熱交換器という部品を通し、室外機に送ります。ですのでお部屋の中の空気中に含まれるほこりが室内機に付着するのです。

ほとんどはフィルターがキャッチしますが完全ではありません。フィルターのお掃除を怠っていたら尚更です。

ほこりの臭いは室内機にたまって、それが臭いの発生源となります。

内部洗浄は一般的に難しいですが、フィルターを最低でも1か月に一度お掃除していただければ、かなり臭い防止となると思います。

フィルター掃除後

カビっぽい臭い

エアコンのカビは主に冷房で稼働させていたことが原因となります。

冷房時、室内機の熱交換器及び風を送り出すファンを含む送風口内部は冷たくなります。運転を停止した後、再び熱くなった室内の気温とそれらが触れることにより結露を起こします。

それがカビの温床をつくるのです。

エアコン送風口

上の写真は送風口内部を撮影したものです。ファンにまでびっしりとこびり付いています。

この状況では熱交換器も含め、内部洗浄しなければ除去は不可能です。さすがにご自分でエアコンクリーニングは難しいと思いますので業者に依頼されることをお勧めします。

送風口内部洗浄後

予防法としては冷房運転後に15分ほど送風や除湿、または暖房運転をすることです。その作業により結露が防げて、結果的にカビを予防できます。

タバコのヤニの臭い

タバコは吸うと煙が発生します。

私は掃除屋さんとして様々な現場に行きますが、タバコのヤニ汚れは結構厄介です。汚れとしては手強いというわけではないのですが、汚れを形成する媒体が気体なので掃除しづらい場所にまで付着するところが大変です。

室内に設置してあるエアコンにも当然付着します。外観カバーやフィルターと言った外装から熱交換器や内部のファンにまで汚れがつくのでこれもカビと一緒で内部洗浄が必要となります。

また、あまりにも過度にヤニ汚れが付いている場合、内部洗浄をしっかり施工しても完全に臭いが消えない場合がございますのでご注意ください。

その他の臭い

リビングでは食事をするのでエアコンからお料理の臭いがしたり、他の生活臭がしたりなどもするかもしれません。

エアコンは室内の空気を吸って室外機に送り込むと記載しました。室内の空気を吸い込むということは臭いも一緒に吸い込むことですので、普段の生活臭もエアコン稼働時にする臭いに関係します。

内部洗浄の周期

上記の様な臭いの悩みというのは基本的にはエアコン室内機の汚れが原因となります。

フィルターだけなら外してお掃除できますが、内部を洗浄するとなると業者に依頼する形になるかと思います。しかしメンテナンス費用を考えればどれくらいの周期で洗浄すればよいのかが気になるところです。

私もエアコンクリーニングでお伺いするとほぼ必ず聞かれます。

エアコンメーカーや清掃業者によっても回答はまちまちです。

「1年に1度はやった方が良い」

という答えが多いような気がしますが、結局はエアコンの使用頻度に左右されると思います。

夏、冬とそれぞれのシーズン毎に使う、あるいはペットを飼っているので不在でも稼働させているなど、使用頻度が高い場合は1年に1度お掃除した方が良いと思われます。

そうでない場合は1年半~2年に1度で良いのでは? というのが私の考えです。

参考までにですが下の写真は、本日の足立区のお客様のエアコン内部の汚れです。

エアコンの汚れ

リビングに設置してあるエアコンで、夏と冬どちらも稼働します。そして4年内部洗浄していない内部の汚れとなります。

▶エアコン内部のお掃除の詳細