スポンサーリンク

本日は東京都豊島区にてキッチンのハウスクリーニング。

キッチンと言っても今回お掃除対象となるのはワークトップ、調理台です。

天板とも言い、キッチンの表面部分となりますね。

蓄積した汚れのほか、小傷やサビ、軽度なシミなどは一般のお掃除ではなかなかキレイにするのが難しいです。

特に小傷やシミの除去はプロのハウスクリーニングでも難易度の高いお掃除となります。

今回はまさにそんな案件でした。

その為、問い合わせの段階で当店で施工しているサービスの一つである再生研磨をご提案。

キッチンの汚れ・傷・シミをキレイに

キッチン天板汚れ

今回の掃除対象のキッチンです。

表面の油汚れはもちろん、ところどころに黒ずみ、サビ等が見受けられます。

作業内容は研磨になりますが、まずは油用アルカリ性洗剤で汚れを除去。
素材の表面がしっかり見えるように掃除していきます。

写真を取っていないので通常のハウスクリーニングにおける仕上がりをお見せできませんが、表面の汚れを落とすだけなら簡単です。

ここからが再生研磨の本番。

小傷や軽度なシミ・サビを消し、キッチンのワークトップを構成する人工大理石表面の光沢を回復させます。

再生研磨でキッチンをピカピカに!

次にRYOBIのミニサンダーに研磨シートを取り付けて下地処理をします。

研磨シートの目の荒さを数字で示す番手ですが、今回は800→1000→1500の3工程行いました。

縦横縦横にサンダーをかけて入念に下地を作ります。

今度はハンドポリッシャーに機械を変更。研磨シートも専用のダイヤシートに切り替えます。

今回も3工程作業を行います。

それぞれに3000、7000、10000の番手のコンパウンドを併用。
先ほど同じように縦横縦横に満遍なく回転する研磨シートを当てていきます。

最終的に10000のコンパウンドでスポンジバフをかけ、タオルでキレイに拭き取って完成です。

キッチンピカピカ

ワークトップに天井の照明が映っています。

別の視点で見てみましょう。今度は照明を消した状態です。

窓の一部などが映っているのがお分かりになりますでしょうか。

このように再生研磨は汚れや傷、サビ、シミの除去だけでなく、光沢の回復も実現します。

ハウスクリーニングでは到達できない仕上がりをご提供できるのです。

施工料金

幅1.5m、奥行き0.65mまで:20,000円

幅2.4m、奥行き0.65mまで:28,000円

上記以上以上の大きさの場合、幅1m、奥行き0.65m毎に:9,000円

シンク磨きを同時にご注文の場合、18,000円 → 13,000円で承ります。

下記の注意点についてご了承の上での作業とさせていただきます。

  • 深く浸透したシミや変色、腐食、劣化等は再生研磨でも修復できないケースがあります。
  • 打痕や深い傷については修復できない場合があります。
  • 新品の製品の修復は受け付けておりません。

ご不明な点があればお問い合わせ下さい。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。

営業エリア

営業エリア外の方もお気軽にお問い合わせ下さい。

東京都

足立区、葛飾区、墨田区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、江戸川区、江東区、中央区、港区、品川区、目黒区、世田谷区、渋谷区、大田区、杉並区、中野区、新宿区、豊島区、東京都北区、板橋区、練馬区、西東京市、武蔵野市、三鷹市

埼玉県

さいたま市(大宮区、浦和区、中央区、南区、桜区、緑区、岩槻区、見沼区、北区、西区)、川口市、蕨市、戸田市、草加市、越谷市、春日部市、朝霞市、新座市、和光市、八潮市、三郷市