スポンサーリンク

カーペットについてしまった油汚れの掃除は一苦労ですよね。
油汚れは放置しておくと頑固な汚れとしてこびりついてしまうため、早めに掃除を行いましょう。
この記事では油汚れの取り方についてご紹介していきます。

□おすすめ掃除方法

カーペットの汚れには大きく分けて「水性」の汚れ、「油性」の汚れ、ガムなどがこびりついたその他の汚れに分類できます。
油性汚れは頑固な場合も多く、放置しておくと汚れが固まって取りにくくなります。
そのため汚れはなるべく早く取るようにしましょう。

汚れを取るのに必要なものは
・ぬるま湯
・食器用中性洗剤または、ワイドハイターと重曹を混ぜたもの
・タオル
・ブラシ
・ティッシュペーパー
この5つです。
汚れ具合によってはこのほかにも道具を使用しますが、この5つがあれば簡単な汚れは取ることができます。

初めにブラシとティッシュペーパーを使用して表面の汚れを取り除きます。
次にぬるま湯をタオルにとって汚れにあてていきます。
カーペットに直接かける場合はスプレーを使用しましょう。
そして食器用中性洗剤をコットンなどにとり汚れに染み込ませていくと良いです。
雑巾などの布で上から押さえて汚れを取っていきましょう。

□汚れが頑固な時には

汚れが頑固なこともありますよね。
そのような場合には「重曹」を使うのがおすすめです。

*重曹を使用したお掃除まとめ

汚れが気になる部分には重曹スプレーを使用します。
スプレーボトルに重曹小さじ2杯を目安に入れ溶かします。
汚れに吹きかけたら、綺麗な雑巾で拭き取りましょう。

カーペットの匂いが気になる場合は重曹を直接ふりかけても良いです。
汚れに直接ふりかけた後、ブラシを使用してなじませていきます。
1時間ほど放置して汚れが浮いてきたら、掃除機を使用して吸い取りましょう。

上記の方法を試された後、それでも油汚れが落ちない場合はベンジン、もしくはワイドハイターを使用するのがおすすめです。
ベンジンは乾いたタオルにとり、汚れを叩くようにしてとります。
また、ワイドハイターは素材に優しいため、使用してもカーペットを傷めません。
ワイドハイター20gに重曹15gを混ぜると、重曹が油分を分解する効果を高めてくれます。

□まとめ

以上、カーペットについた油汚れの取り方についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
紹介した方法はご自身でできる簡易的なものですので、汚れによってはお試しになっても効果が実感できない場合もあります。
そのような場合はぜひ当社にお任せください。