スポンサーリンク

「タイル床の汚れをきれいにしたい」「タイル床を掃除する時の注意点を知りたい」などとお考えの方はいらっしゃいませんか?
タイル床の汚れは放っておくと、落とすのが難しくなり、掃除に苦労された方も多いことでしょう。
掃除の際には注意点がいくつかあります。
そこでこの記事では、タイル床をきれいにする時にはどのようなことに注意しておくべきなのかについて、板橋区の清掃業者が解説していきます。

 

□天気の悪い日には控える

タイル床の掃除をする場合には、天気の良い日に行いましょう。
水を使用するため、掃除をした後には水がしっかりとはけてくれる必要があります。
そのためには空気の流れがあることが重要であり、それが不十分であると湿気を取り除くことができず、カビが繁殖することの原因となりかねません。
そのため、天気の悪い日に掃除すると、湿気を十分に逃がすことができず換気をきちんと行うことができません。
天気が悪い日には掃除は控えることが良いでしょう。

 

□いきなり強い洗剤は使わないように

洗剤をタイルに使用する場合には、必ずチェックをしてから使用しましょう。
洗剤にはもちろん効果的なものもありますが、中には効果がない上にタイルの色が落ちる洗剤も存在します。
タイルと洗剤があまりいい組み合わせでないと、このようなことが起こってしまうのです。
洗剤を使う際には、まず説明書をきちんと読み、自分の家のタイルに使えるものなのかをチェックしましょう。
また、色が落ちてもあまり気にならないところで試してみてチェックするのも効果的です。

 

□水分はしっかり拭き取る

汚れ掃除を行なった後には、水分をしっかりと取り除きましょう。
濡れたままのタイルは、再び汚れが付きやすい状態なのです。
「せっかく掃除したのに」ということにならないよう、水分はしっかりと拭き取り、風に当てて乾燥させましょう。

 

□アレルギーには注意

玄関で使っているタイルであると、ホコリやゴミだけでなく黄砂や花粉なども散らばっています。
掃除をすると、こういったものを舞い上げてしまうことになりますので、吸い込まないよう注意が必要です。
掃き掃除をする時には特に、マスクをするなどして、吸い込み過ぎないように気をつけましょう。

 

□最後に

タイル床をきれいにしたい時には、どのようなことに注意しておくべきなのかについて解説していきました。
タイル床はきれいな状態だと、見栄えも美しく非常に素晴らしいものです。
タイル床の汚れにお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にしていただけると幸いです。