スポンサーリンク

「タイル床の黒ずみが気になる」「タイル床の黒ずみの落とし方を知りたい」などとお考えの方はいらっしゃいませんか?
掃除せずに放っておくと、黒ずみはますますひどくなり、落としづらくなりますよね。
黒ずみ汚れは正しい落とし方を知っておくことが大切です。
この記事では、タイル床の黒ずみはどのようにして落とせばよいのか、について板橋区の清掃業者が解説していきます。

 

□激落ちくんを使う

タイル床の黒ずみには、激落ちくんを使用すると効果的です。
激落ちくんは、今ではどこでも簡単に手に入りやすいお掃除にはうってつけの商品です。
水を染み込ませて、黒ずんでいる箇所をこすり、汚れを落としましょう。
洗剤が必要ないことから、しつこい汚れに対してはあまり効果的ではありませんが、初期の黒ずみ程度であれば十分に落とすことが可能です。
こすってからの残りかすが気になる方は、水で流すとよいでしょう。

 

□重曹を使う

重曹は掃除用具の定番とも言えるほど、多くの家庭で使用されています。
重曹は工場用のものを使って掃除しましょう。
重曹にはさまざまな効果があり、用途に合わせて使用することが可能です。
黒ずんでいるところにスプレーなどで吹きかけ、こすって汚れを落としましょう。
保存の際には、重曹は水分を吸収しやすいため、高温多湿である場所では保存しないようにし、密閉容器に入れておきましょう。

 

□カビキラーを使う

お風呂場のタイル床を掃除する際には、カビキラーは不可欠と言っても過言ではありません。
カビが原因となって発生している黒ずみには効果抜群です。
黒ずみの部分にスプレーなどで吹きかけ、数分間置いてから水で流すだけで、黒カビが落ちてくれます。
使用の際には、必ず換気を忘れないようにし、ゴム手袋やマスクなどをつけるようにしましょう。
また、終わったらきちんと手を洗い、必要であれば洗顔も行なっておきましょう。

 

□消毒用のアルコールは防止用に

消毒用のアルコールは黒ずみの掃除の仕上げとして使用しましょう。
最後にスプレーなどで吹きかけておくことで、黒ずみの再発を防止することができます。
せっかくきれいにした汚れが再びできることのないよう、忘れずに振りかけるようにしましょう。

 

□最後に

タイル床の黒ずみはどのようにして落とせばよいのか、について解説していきました。
よく知られている方法に加えて、仕上げをすることが重要です。
タイル床の黒ずみでお悩みの方は、ぜひこの記事を参考にして、ピカピカのタイル床を取り戻してくださいね。