スポンサーリンク

「フローリングのベタつきが気になる」
「ベタつきの掃除方法を知りたい」などとお考えの方はいらっしゃいませんか?
フローリングがベタついていると、とても不快ですよね。
フローリングのベタつきの掃除方法を正しく知っていれば、そのような悩みを解決することができます。
そこでこの記事では、フローリングのベタつきはどのようにして掃除すればよいのかについて、練馬区の清掃業者が解説していきます。

 

□酢や重曹を使う

フローリングのベタつきは家庭にあるもので改善することができます。
「酢」や「重曹」を使うことがおすすめです。

 

*酢を掃除に使う方法

酢は料理でもよく使うと思うので、多くの家庭で既に酢を持っていることでしょう。
わざわざ購入するする必要がないので、緊急の場合でも対処できるでしょう。
掃除方法は、まず水と酢を1:2で混ぜてください。
そして出来上がった酢水でフローリングを拭いていきましょう。
最後にモップや雑巾などで拭いてあげるだけで終了です。
こうするだけで、ベタつきは解消できる可能性が高いのです。

 

*重曹を掃除に使う方法

重曹は油によるベタつきの掃除に大変効果的です。
まずは、重曹を濃度3〜5%程度まで薄めましょう。
この際に、ぬるま湯を使うことをおすすめします。
次に、重曹水を十分に雑巾に染み込ませて、その雑巾でベタつきのある部分を拭いていきましょう。
全体を拭き終えたら、水拭きしてください。
最後に乾拭きで水分を拭き取ったら終了です。
この作業だけでベタつきはほとんど落ちてくれます。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

□クエン酸を使用する

酢や重曹の他にもクエン酸は、床のベタつきを落とすのに効果的です。
特に、夏場のような素足で床を動き回るような季節にはおすすめです。
どう掃除するかというと、まずはクエン酸を水で薄めます。
この際に、濃度を5%程度の少し濃いめにしておくことがポイントです。
そして、それを使って床を拭いていきましょう。
これをすると、ベタつきは落ち、すっきりとした仕上がりになります。
それに加えて、ホコリもきれいにしてくれます。
クエン酸は家に常備されていないかもしれませが、ホームセンターなどで容易に手に入るのでおすすめです。

 

□最後に

フローリングのベタつきはどのようにして掃除すればよいのかについて解説していきました。
フローリングのベタつきはみなさんの悩みの種だと思います。
ベタつきでお悩みの方は、ぜひこの記事を参考に、新品のようなピカピカのフローリングを取り戻してくださいね。