スポンサーリンク

ハウスクリーニングとは、専門の道具や技術を用いて素人では掃除しにくいところなど家全体をきれいに掃除してくれるサービスです。
しかしこのサービスはトラブルを招くことが多いです。
不安に思う方のために、どのようなトラブルが起こるか、また業者選びの注意点を紹介します。

□ハウスクリーニングのトラブル

✳︎高額請求

ハウスクリーニングを依頼された際、お見積もりを行ってから作業を行います。
しかし、お見積もりをしたにもかかわらず、作業日当日に汚れ具合がひどいなど様々な理由によって追加料金を請求されることがあります。
中には法外な高額請求をしてくる悪徳業者もいます。
そのようなトラブルを避けるためには、作業に取り掛かる前に最終的な金額や追加料金が発生しないか確認するした上で契約することが重要です。

✳︎技術不足

いくら掃除のプロだからといって全ての業者が高い技術を持っているとは限りません。
業者な中でも、しっかりと研修を受け経験が豊富な業者もいれば、レベルの低いクリーニングしかできない業者もいます。
せっかくお金を払い掃除してもらっているのに、掃除する前とあまり変わらないといった状況になり業者とトラブルになることがあります。
口コミで業者の評価をチェックし、経験はどれぐらいなのかなど確認することでトラブルの発生を防ぐことができます。

✳︎突然訪問してくる業者

突然家に業者が訪問してきて部屋に上がり込み、チェックを始めて掃除した方が良いと強引にすすめてくる業者がいます。
強引に来られると断りきれない方も多く、高額な清掃費を請求されるといった問題がありました。
特に高齢者の方が被害にあわれることが多く、1人暮らしの方は注意が必要です。
また、そのような被害にあわれた方はクーリングオフ制度という契約した日から一定期間内は無条件で解約することができる制度があるので、安心してください。
ただしこれは主に訪問販売の場合に適用される制度なので注意が必要です。

✳︎破損やキズなど

清掃員は丁寧に清掃してくれますが、時々破損やキズといった被害にあうことがあります。
それを防ぐには事前に業者が損害保険に加入しているか確認しましょう。

□ハウスクリーニング業者を選ぶ注意点

基本料金が相場より安い場合、些細なことがオプション料金として加算することがあるので注意しましょう。
そして口頭でのお見積もりの説明はトラブルの原因となるのでしっかり見積もり書を用意してくれる業者を選びましょう。
作業する人にも注目しましょう。
人手不足によってアルバイトが来ることがあります。
最後に損害保険に加入しているか確認しましょう。
先ほど説明したように、キズなどつけられた場合保険に加入していないとトラブルに発展することがあります。

□最後に

トラブル事例や業者選びの注意点を紹介しました。
誰しもトラブルは起こしたくないですよね。
トラブルを起こさないためには事前に調査し、確認することが大事です。
そしてハウスクリーニングでお悩みの方は「ヒカリ清掃サービス」にぜひご相談ください。
「ヒカリ清掃サービス」は東京都では主に練馬区・板橋区・北区・足立区・葛飾区・荒川区・台東区などで活動しています。
ハウスクリーニングでお困りのことがありましたらぜひご相談ください。