スポンサーリンク

引越しや物件探しの際、水回りはよくチェックされるポイントです。
なかでも浴室は多くの人にとって癒しの空間であり、浴室の汚れが目立つとお客様に不快感を与えます。
大家さんやマンションのオーナーさんなどにとって、それは1番避けたいことではないでしょうか。
そこで、浴室のなかでも気になる浴槽の黒ずみの原因や対処法を紹介します。

□黒ずみの原因

✳︎皮脂汚れ

皮脂とは空気に触れると徐々に酸化します。
やがて黄ばみを帯びた皮脂汚れへと変化します。
その皮脂の上に「ほこり」や「ちり」が蓄積することで黒ずみになります。
またこの汚れと水道水や入浴剤などに入っている金属イオンが合わさって色素沈着し黒ずみになることもあります。
この場合こすっても取れない可能性が高いです。

✳︎水垢

水垢とは水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル分が固まり蓄積したものです。
この成分に石けんなどが上にコーディングされ、なかなか取れず汚れが付着し、カビが繁殖することで黒ずみになります。
これも皮脂汚れと同様に色素沈着することがあります。

□黒ずみ対処法

黒ずみは、ただ洗剤を使いスポンジでこするだけではうまく落ちません。
そしてスポンジで強くこすってしまうと浴槽に細かい傷がつき、そこに汚れがたまり黒ずみにつながります。
黒ずみの原因となる皮脂汚れや水垢は酸性の汚れです。
酸性の汚れはアルカリ性や中性の洗剤を使用すると中和され、汚れが浮き出してきれいに落ちます。
重曹はアルカリ性の洗剤であり、市販の店で購入できます。
重曹とは水に溶け弱いアルカリ性の炭化水素ナトリウムです。

これは安価な値段で手にやさしいので自身でも簡単に対処できます。
重曹を使った方法としては、まず重曹大さじ2と水200ccを混ぜスプレーボトルなどで黒ずみに吹きかけます。
その後スポンジで軽くこすりシャワーで流します。
汚れが落ちなかった場合、水垢が原因であることが多いです。
そんな時に使うのがクエン酸です。
クエン酸も重曹と同様に簡単に手に入ります。
クエン酸小さじ半分、水100ccを混ぜて黒ずみに吹きかけ、キッチンペーパーやラップで湿布し数時間放置してから水でよく流します。

□最後に

黒ずみの原因や対処法を紹介しました。
黒ずみは未然に対処することができますが、お客様にお部屋をお貸ししている状態では対処することができません。
黒ずみがひどく対処法で解決できなかった場合は「ヒカリ清掃サービス」にご相談ください。
「ヒカリ清掃サービス」は東京都では主に練馬区・板橋区・北区・足立区・葛飾区・荒川区・台東区などで活動しています。
浴槽の汚れでお困りのことがありましたら、ぜひご相談ください。