スポンサーリンク

お風呂の浴槽は、少し掃除を怠るとすぐに、黒ずみができてしまいます。
一度黒ずみができてしまうと、掃除に時間が取られるので面倒くさいですよね。
今回は、黒ずみの原因と対処法について紹介します。

□浴槽に黒ずみが生じる原因

浴槽の黒ずみの原因として挙げられるのは、人から分泌される皮脂です。
浴槽に皮脂が混ざった湯を張ったまま長時間放置したり、浴槽の残った汚れを放置したりした場合に黒ずみ付いてしまいます。
また、長年使用していることによる色素沈着も黒ずみの原因の一つです。
色素沈着は水道水や入浴剤などの成分が原因だとされています。
皮脂汚れは、すぐに汚れが落ちやすいですが、色素沈着の場合は、なかなか落ちない傾向があります。
他に、水垢も黒ずみの原因です。
水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの成分に汚れが付着し、放置すると水垢になります。
さらにカビが繁殖することで、黒カビが生じます。

□対処法

浴槽の水位にできる黒カビは、人の皮脂によるものがほとんどです。
人の皮脂は酸性に分類され、酸性の汚れにはアルカリ性の洗剤で掃除をします。
アルカリ性の洗剤でおすすめなのは、重曹です。
水100ccに粉状の重曹を大さじ一杯の割合で溶かし、汚れた部分にスプレーで吹きかけ、スポンジでこすることで汚れを落とせます。
重曹はスーパーでも比較的安い値段で販売されているので、浴槽掃除のコストが抑えられて便利です。

重曹で掃除するのが面倒くさいという方や、あまり効果を感じられない方は、中性洗剤がおすすめです。
中性洗剤をスポンジにつけて、汚れた部分を掃除します。
スーパーでお手頃な値段で売られているため、重曹が嫌だという方にはおすすめです。

アルカリ性の洗剤でも落ちない汚れは、水垢が原因の可能性があります。
水垢の汚れには、クエン酸スプレーが効果的です。
500mlの水に、小さじ3杯程度のクエン酸をよく溶かし、汚れた部分にかけます。
クエン酸は水を含みやすく、長期保存には向いていないため早めに消費することを意識しましょう。

□予防法

黒ずみを予防するためには、汚れを放置しないことが大事です。
そのため、こまめに掃除をすることを心がけましょう。
使い古した歯ブラシや、タワシなどで掃除するのが良いでしょう。
また、人の皮脂による汚れは、カビを発生させ黒ずみとなります。
湿気が多いとカビが発生しやすいため、入浴後は風呂場を乾燥させることを心がけましょう。

今回は、浴槽の黒ずみの原因と対処法について紹介しました。
浴槽掃除の際は、この記事を参考にしてみてください。
また、ご自身では対処できない場合は、ぜひヒカリ清掃サービスにお問い合わせください。