スポンサーリンク

夏場になると、大活躍するエアコンですが、使用頻度が増えると、それなりに汚れも溜まりやすくなります。
ただ、エアコンの掃除を完璧にするのは一般の方にとって難しいものです。
汚れを放置しておくと、その部屋にいる方達の健康を害する恐れがあります。
今回は、エアコンの内部清掃をしないとどうなるのか紹介します。

□内部清掃をしないとどうなるのか?

夏場になるとエアコンの使用頻度はとても増えます。
その際に、エアコン掃除を怠ったまま使用していると、肺炎になる恐れがあります。
「エアコン掃除をサボっただけで肺炎!?」
と驚かれる方が多いですが、夏場に気をつけたいのが「夏型過敏性肺炎」です。
この肺炎は、エアコンから出た風に含まれているカビを吸い込むことで、起こるアレルギー性の肺炎です。
夏場に、別に風邪を引いているわけでもないのに咳が止まらないという方は要注意ですね。
症状が悪化すると、呼吸困難に陥る可能性があり、最悪命にも関わるので心当たりがある方は、一度病院で診てもらいましょう。

また、内部清掃を怠ることで影響を受けやすいのが小さいお子さんです。
子供は大人に比べ、ホコリやカビに対して免疫力が低いため、大変影響を受けやすいのです。
だからといって、エアコンを使用しないわけにもいきません。
そのため、掃除をしていない方は内部清掃をする必要があります。

□そもそもなぜ汚れやカビが発生するのか

エアコンが汚れる原因は、空気に含まれているホコリや油、タバコの煙などです。
エアコンを稼働させていなくても、そういった空気に触れることで汚れます。
そのため、部屋をこまめに換気させて外の新鮮な空気と入れ替える必要があります。

□プロにまかせるのがおすすめ

エアコンの内部清掃は、プロにまかせることをおすすめします。
エアコンの汚れは、一般の方では掃除が不可能な場所に溜まっている場合が多いからです。
また自力で掃除して、間違って電子部品などに水をかけてしまって故障してしまう可能性があります。
プロにまかせると故障の心配はなく、しっかり隅々まで掃除をしてもらうことが可能です。
また、自力でやる場合は、掃除道具を揃えるのにも限界があります。
プロに依頼した場合は、自力でやるより確実に綺麗にできますし、しっかりと掃除しておけばこまめに掃除をする手間も省けます。

□まとめ

今回は、エアコンの内部清掃をしないとどうなるのか紹介しました。
最近エアコンの掃除をした覚えがない方は、ぜひヒカリ清掃サービスにお問い合わせください。