スポンサーリンク

賃貸経営をされているオーナーの方々にとって重要なのが、空室対策のための掃除です。
多くの方が掃除を、掃除代行のプロ業者に依頼します。
ハウスクリーニングの依頼において、依頼する際の決め手として料金で選ばれる方が多いです。
ただ、初めての依頼をお考えの方は、どこが安くてどこが高いのかわからないですよね。
今回は、そういった方に向けてハウスクリーニングを行う場合の料金の相場について紹介します。

□料金の相場

ハウスクリーニングを依頼する際は、居住中と空室で料金の相場が異なります。
空室の方が、料金の相場が低い傾向があります。
その理由として、空室のため作業がしやすいのと、居住者の家具などを汚さないために養生する必要がないためです。
空室アパートやマンションの部屋全体を依頼した場合の料金は以下のようになっています。

*部屋全体の場合

1K:15000~30000円
1DK.1LDK:30000〜40000円
2DK,2LDK:30000〜70000円
3DK.3LDK:50000〜85000円

となっています。
上記はあくまでも目安ということにご注意ください。
また、部屋の場所別の場合だと以下のようになります。

*部屋の場所別の場合

床(6畳):8500~15000円
エアコン1台:12000円
トイレ:8000~10000円
浴室:14000~17000円
キッチン:15000~25000円

となっています。
実際の料金は、部屋のつくりによって変わってくる可能性があります。
ただ、やはり頼む際は料金を安く抑えたいですよね。
以下では、料金を安く抑える方法を紹介していきます。

*ハウスクリーニング料金を安く抑える方法

ハウスクリーニング代を安く抑える方法の一つは、場所別よりまとめて依頼することです。
上記で紹介した通り、場所別で以来した場合はまとめて以来した場合より値段が高くつきます。

また、複数の業者から見積もりを取るようにしましょう。
何事でも業者に依頼する際は、複数から見積もりを取り、比較することが大事です。
ハウスクリーニング業者との価格交渉の際に、他からも見積もりを取っていると交渉を有利に進められます。
複数の業者と連絡をとるのは面倒かもしれませんが、値段のことを考えると必要なことです。

他にハウスクリーニング料金を抑える方法として、閑散期に依頼するというのがあります。
ハウスクリーニングには繁忙期と閑散期があり、大掃除の季節である年末と3月が忙しく、それ以外の時期は比較的空いています。
繁忙期から離れている時期が閑散期で、閑散期に依頼すると安くできます。

□まとめ

今回は、ハウスクリーニングを行う場合の料金の相場について紹介しました。
ハウスクリーニングをお考えの方は、ぜひヒカリ清掃サービスにお問い合わせください。
弊社は他社に比べ、比較的リーズナブルな価格でサービスを提供しています。
ぜひ、お気軽にご相談ください。