スポンサーリンク

賃貸物件での住まいを決める際、いくつか内覧をしてから住む部屋を決めるという方がほとんどです。
内覧の際のチェックポイントとして、部屋の雰囲気と清潔感があります。
そのため、清潔感がないと成約率は下がってしまいます。
そういったことを避けるためにも、日頃から空室を清潔に保っておく必要があり、内覧時によく見られる場所も清潔にしておく必要があります。
今回は、内覧時によくチェックされる場所を紹介していきます。

□よくチェックされるポイント

内覧時に、見学者がチェックするポイントはたくさんあります。
しかし、一番重要なのは「玄関」と「リビング」です。
この2ヶ所が購入意思を左右するとされています。
そのため、玄関とリビングの2ヶ所は特に清潔さが必要な場所です。

*玄関

部屋に入った際に、玄関が綺麗か否かで第一印象が左右されます。
玄関が汚れていると、部屋全体が汚れている印象になってしまいます。
そのため、ドアやドアポスト、下駄箱やインターフォンなどをしっかり掃除しておくことが大切です。
また、内覧時は玄関になるべく物を置かず、すっきりしたように見せることも大事です。
さらに、明るく開放的に魅せるために、多少ワット数の明るい照明に交換しておくのも良いでしょう。

*リビング

購入意思の大半はリビングの雰囲気と清潔感で決まるとされています。
そのため、リビングの印象は大変重要です。
汚れがあると内覧者はガッカリしてしまい、成約率は下がってしまいます。
そういったことを避けるためにも床や壁、窓などを重点的に掃除しておくことが大切です。
また、内覧時は、部屋の窓を全開にしておき、部屋全体を明るい印象にしましょう。

□ハウスクリーニング業者がおすすめ

内覧時に重点的に見られる場所として玄関とリビングを紹介しましたが、結局すべての場所の掃除をされると思います。
ただ、一般の方がすべて掃除しようとしても十分にできていない可能性が高いです。
そのため、プロのハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。
プロにまかせると、掃除の際に見逃しがちな細かな場所を含め、依頼された場所はすべてしっかり掃除してくれます。
内覧に向けての掃除は、プロの業者に依頼するのがおすすめです。

□まとめ

今回は、内覧時によくチェックされる場所を紹介しました。
内覧のために掃除をされる際は、ご自身でするのではなくぜひ、プロであるヒカリ清掃サービスにお問い合わせください。
ヒカリ清掃サービスは多くの信頼と実績があります。
また、値段も他の会社に比べてリーズナブルなのでぜひ、お気軽にご相談ください。