スポンサーリンク

部屋の成約率を上げるためにも空室対策は大変重要になってきます。
空室対策として掃除は大変重要ですが、その掃除をプロの掃除業者に依頼する方は多いです。
ただ、業者によってもちろんサービスの質は変わり、オーナーと業者の間でトラブルが起きることも少なくありません。
そのため、業者選びは大変重要です。
今回は、ハウスクリーニングを依頼した際に起こりうるトラブルと業者選びのコツについてご紹介します。

□ハウスクリーニングで起きやすいトラブル

消費者生活センターによると、毎年ハウスクリーニングにまつわるトラブルは約1000件前後寄せられています。
以下では、頻繁に起こりうるトラブルについて紹介します。

*追加料金やキャンセル料にまつわるトラブル

作業日の当日に業者からいきなり追加料金を請求され、トラブルに発展することが大変多いようです。
また、キャンセル料についても業者との間でしっかり確認が取れておらず、作業日の数日前にキャンセルし、キャンセル料を請求されてトラブルに発展することもよくあります。
そのため、ハウスクリーニングの依頼時に見積もりを取ってもらう場合、綿密に話し合いを行い、当日に追加料金が発生しないか、キャンセル料の有無などの確認をとるようにしましょう。

*破損や傷などのトラブル

ハウスクリーニング業者も最善の注意を払って作業に取り組みはしますが、どうしても作業時に破損してしまったり、傷をつけたりしてしまう可能性があります。
そのため、業者に損害保険に加入しているかの確認をしましょう。
保険に入っていない場合は、破損しても保証してくれない可能性があるため注意が必要です。

□業者選びのコツ

業者選びのコツは、自分の気になっている業者に依頼経験のある知人や、ネットの口コミを参考にすることです。
業者のサイトで紹介されているお客様の声を参考にするのも良いでしょう。
業者には世間で有名な大手と地域密着型の小規模業者があり、大手だからという理由で選ぶのはあまりよくありません。
小規模であっても信頼できる業者はたくさんあります。
偏見を持たず、フラットな目線で業者との電話や直接会った時の対応などに注目しましょう。
また、依頼する際の大事な要素の一つとして値段が挙げられます。
依頼する際は、複数の業者に見積もりをお願いし、値段を比較して自分に合った業者を選ぶようにしましょう。

□まとめ

今回は、ハウスクリーニングを依頼した際に起こりうるトラブルと業者選びのコツについてご紹介しました。
ハウスクリーニングをお考えの方は、ぜひヒカリ清掃サービスにお問い合わせください。