スポンサーリンク

新たな入居者さんに物件を魅力的に感じてもらうために必須な作業である空室のハウスクリーニング。
お部屋が汚れたままではいつまでたっても空室は埋まりません。
今後の入居率にも直結する重要なクリーニング、行う際に気を付けておきたいポイントを清掃する場所別にご紹介します。

□おうちの顔である玄関周り

入居者さんに物件に対する好印象を持ってもらうためには、やはり清潔感溢れる玄関周りは必須条件でしょう。
床部分はもちろんドアノブや靴箱、ブレーカーボックスに至るまで細部の清潔感にこだわって、入居者さんに良い印象を与えられるようにしましょう。

□頑固な汚れが溜まりやすいキッチン周り

水や油を扱うため、何かと汚れが溜まりやすいキッチン周り。
ここをいかに綺麗にできるかで他の物件との差をつけることができます。
コンロ周りやシンクなど目に見える部分の清掃はもちろんですが、注目すべきポイントはレンジフード(換気)です。
入居者さんが自力で掃除するのはとても難しく、手つかずのまま汚れが溜まっているケースが多々あります。
外見だけを掃除するのではなく、分解して内部も清掃するようにしましょう。

□清掃が難しいお風呂の浴槽

お風呂は皮脂汚れや水垢など頑固な汚れが付着しやすく、その汚れもとても落としづらいもので、通常の酸性洗剤では落とすことが難しいです。
これでさえ厄介なのですが、お風呂の清掃をより厄介なものにするのが衛生陶器に使われている素材です。
頑固な汚れが付着しているからといって、硬いもので強くこすると傷ついてしまい、せっかく綺麗にしても見栄えが悪くなってしまっては本末転倒です。
こういった理由から、ご家庭で完璧に汚れを落とすことは至難の業ですので、専門の業者に清掃を依頼しましょう。

□備品や家の外にも気を配ろう

お風呂やキッチン、トイレなどの水回りは汚れが付きやすく、清掃する上で重要なポイントですが、それ以外にも予め気を付けておくべきポイントも多々あります。
その一つがエアコンです。エアコン内部のフィルターが汚れていては、お部屋中に汚れた空気が拡散されてしまいます。
入居者さんが不快に思われる原因の1つとなりうるので気を付けましょう。
また、排水口にも注意が必要です。
排水口にゴミが溜まっていては排水がスムーズに行われず、入居者さんにとってマイナスポイントとなります。
外に設置されている設備にも注意しましょう。

□最後に

入居者さんに好印象を持ってもらうためにも、ハウスクリーニングは細部にまでこだわって徹底的にしておきたいものです。
思わぬポイントが重要なこともあるため、一度専門業者に見積もりをしてもらい、掃除すべきポイントをチェックしておきましょう。