スポンサーリンク

新たな入居者さん候補の方に少しでもいい物件と思っていただけるために、空室のハウスクリーニングは賃貸物件をお持ちのオーナー様にとって重要な課題です。
しかし、いざ専門業者にクリーニングを依頼しようとしても、たくさんの業者の中からどうやって依頼先を決めるべきかお困りの方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、ハウスクリーニングを依頼する際の、業者の選び方について解説します。

□急いで決めてしまう前に、まずは料金見積もりから

早急に依頼先を決めてしまいたいお気持ちは重々承知ですが、まずは様々な業者に料金を概算してもらいましょう。
汚れの程度がひどければ追加料金を徴収する会社、現地での価格見積もりに応じる会社、応じない会社など、料金体系から見積もりの方法まで会社によって大きく異なります。
そのためまずは様々な業者に料金の見積もりを依頼しましょう。

□安ければいいというわけでもない

業者によっては、清掃費の格安さを売りにしているところも存在します。
できるだけ安い料金で仕上げてくれることに越したことはないのですが、価格だけで業者を判断すると、手抜き工事とも言えるがさつな清掃しかしてもらえず、満足のいく仕上がりが得られないこともあります。
未来のお客様のための大切な作業ですので、価格の安さだけで選ばないようにしましょう。

□目に見えないところもやってくれる業者を選ぼう

お風呂場やキッチン、トイレなど明らかに汚れやすく、汚れも目立つポイントを掃除してくれるのは当たり前ですが、せっかく行う清掃作業、見えないところにもこだわってくれる業者を選びましょう。
例えばキッチンのレンジフード。
表面だけを磨き上げても、中には油汚れがついたままかもしれません。
きちんと分解したうえで、奥まで清潔にしてくれる業者を選びましょう。

また、エアコンのフィルターも見えないけれども重要なポイントです。
新たな入居者さんがエアコンを稼働させた際、効きが悪かったり不快なにおいがしたりするなど、不快な思いをしてしまうかもしれません。
エアコンの内部も清潔にしておくべきです。
さらに、お部屋の外にも気を配りましょう。
特に排水口はゴミの溜まりやすい要注意スポットです。
水の流れは衛生的にも重要なので、業者にきちんとお願いしましょう。

□最後に

専門業者は数多くあれど、料金や清掃範囲などそれぞれの業者によって特徴が異なります。
自分のニーズに合った、また、次の入居者さんが快適と思えるような清掃をしてくれる業者を確実に選びましょう。