スポンサーリンク

ハウスクリーニングを行う際、磨いたり拭いたりしても決して取れない「傷」に悩んでいる、賃貸物件のオーナーさんの中にはそんな悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
新たな入居者さんに心地よく住んでいただくためにも、できるだけきれいな状態でお部屋を渡したいですよね。
そんな方にお勧めしたいのが「研磨再生」という技術です。
お部屋の設備はそのままで、傷だけきれいに取ってしまうこの技術。
いったいどんなケースに対して使えるのか、ケース別に解説していきます。

□鏡やガラスに使うケース

お風呂場の鏡やガラスについたしつこい「うろこ汚れ」。
なかなか取れずにお困りの方も多いのではないでしょうか。
実はこれ、表面についてしまった傷に汚れの結晶が入り込んでいるため取りづらくなっているのです。
そこで使えるのが研磨再生の技術。
汚れが溜まる原因となる傷を、「周りを削る」ことでなくし、しつこい汚れの付着を防ぐことができます。
傷がなくなれば、見栄えも良くなるうえに汚れも溜まりにくくなり一石二鳥です。

□ステンレスに使うケース

キッチンのシンクなどに使われるステンレス。
こちらもまた、油汚れや水あか、サビなどしつこい汚れがつきやすく、掃除する上で厄介なポイントです。
また、経年劣化により設置当初の輝きも徐々に失われていってしまいます。
そうしたケースにおいて、汚れを消し去り設置したてのような輝きを取り戻すのにも、研磨再生技術が生かされます。
電動工具で何度も何度も丁寧に擦り上げることで、購入当初の光沢を取り戻すことができます。

□人工大理石に使うケース

近年、キッチンの作業台に人工大理石を使用している物件が増えています。
作業台をまな板代わりに使用して、人工大理石に包丁の傷あとや食材によるシミ汚れが残ってお困りの物件も多いのではないでしょうか。
これらの汚れや傷も、磨いたり擦ったりしたところで解決はしませんが、研磨再生を用いると新品同様に再生させることが可能です。

□最後に

ご覧いただいた通り、研磨再生の技術は家中のあらゆる箇所、あらゆる素材に対して効果を与えることができます。
ただし、これらの研磨は市販の道具を用いて人力で磨いても効果を発揮しません。
電動工具を用い、ちゃんとした技術を持った専門業者による作業でないと十分な効果が見込めません。
研磨再生技術を用いたハウスクリーニングをご検討の際は、ぜひ専門業者へ依頼しましょう。