スポンサーリンク

「風呂場の掃除でなかなか染みが取れない。」
「タイルや天井のカビをなんとかしたい…」
このような疑問をお持ちの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、風呂場の染み抜きで頭を悩まされている方は多いですよね。

風呂場を掃除するにも大変で疲れるし、どのように掃除をしたらいいのか分からないことだらけですよね。
また、毎日掃除をしているのにカビが発生したり、ヌルヌル状態になったりしますよね。

その状態をキレイにできたら、疲れが取れる気持ち良い風呂が入れますよね。
そこで今回は、なかなか取れない風呂場の染み抜きについてご紹介します。

・風呂場の汚れ

風呂場の汚れで代表的なのは、薄い茶色や薄い黒色のカビだと思います。
また、ガラスにも白い水垢のような汚れが付着しているときもあると思います。
いつもの洗剤でこすっても、なかなか頑固な汚れは取れません。

また、キレイに取れたりしても数日経てば、また現れていることも経験があるのではないでしょうか。
風呂場の汚れと言ってもカビだけではありません。
カビ以外にも石鹸のカスや水垢などもあります。

・頑固な汚れに効く洗剤

風呂場の頑固な汚れには、それぞれの汚れによって使用する洗剤を使い分けします。
例えば、石鹸のカスにはアルカリ洗剤、カビには塩素系洗剤、水垢には酸性洗剤です。

このように、汚れの種類によって使い分けることによって、キレイに汚れを落とせます。

・風呂場の蓋

風呂場掃除でよく見落としがちであるのが風呂場の蓋です。
実は、蓋の汚れはとても溜まりやすい箇所なのです。
浴槽に溜まった水からの湿気によってカビが発生しやすい状態になります。

体を洗ったときに飛び散る石鹸や水滴が汚れの主な原因です。
蓋を掃除するには洗剤を使って洗う方法もありますが、もっと手軽に掃除するには重曹を使うことをオススメします。

もう少し詳しく説明しますと、まず浴槽に水を溜めて重曹を200ml入れ、蓋を入れておきます。
その状態で6時間程つけときますと、蓋がキレイになります。
また、汚れが酷いときは重曹に加えて漂白剤を入れることによって、さらにキレイにできます。

・まとめ

今回は、風呂場の掃除についてご紹介しました。
風呂場をキレイに掃除することによって、浴槽に入ったときに心と体が休まり疲れも飛んでいくでしょう。
また、根本的にキレイにしたいと思ったら、完璧に隅々まで掃除してくれるハウスクリーニング業者に依頼してみるのも良いのではないでしょうか。

今回紹介したハウスクリーニングについて少しでも興味をお持ちになった方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。