スポンサーリンク

「キッチンのしつこい汚れをキレイにしたいけど、なかなかできない。」
「せっかくステンレス製のキッチンに変えたのに汚れている。」
このような疑問をお持ちの大家さんやオーナーさんは多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、入居者の撤去後のキッチンの汚れには頭を悩まされている方は多いかと思います。

しかし、キッチンが汚れた状態のままだと、なかなか次の入居者が決まらないですよね。
入居者にとって水回りの汚れは、この賃貸を借りるか借りないかの大きな重要なポイントになってくるでしょう。
逆に、水回りがキレイだと成約率もアップするでしょう。

では、そんなキッチンの水回りをキレイにして空室を埋めるためには、どうすれば良いのでしょうか?
今回は、大家さんやオーナーさんでもステンレス製のキッチンをキレイにする方法をご紹介します。

・ステンレス製のキッチンの汚れ

ステンレス製のキッチンは汚れが付きにくい素材ですが、何回も使っているうちに消耗して水垢がどうしても付いてしまいます。
本来、ステンレスはアルカリ性の耐性があり、アルカリ性の汚れは付きにくい性質を持っています。
逆に言えば、酸性に対する耐性がないので、酸性洗剤の汚れがステンレス製のキッチンにはどうしても付きやすくなってしまいます。

また、ステンレスはサビに強いと言われています。
しかし、サビに強いと言われながら、サビが付いていることってありませんか?
なぜでしょうか。

そもそもステンレスとは、鉄にニッケルやクロムなどの物質を化合した合金です。
ステンレスは通常の状態ですと、サビることはありません。
しかし、もらいサビと言われるサビにはとても弱いです。
つまり、ステンレス自体がサビるのではなく、ステンレスの表面上にサビが付着してしまうのです。

・汚れの種類

キッチンでよく見かける白い垢のようなものを見たことがあると思います。
それは、水道水に含まれるミネラルが固まった水垢といわれる汚れです。
衛生的には悪くはないのですが、見た目上良くないので落としたい汚れですよね。

また、そのような汚れはとても頑固な汚れが多いですが、正しいやり方で掃除をすると簡単に汚れが取れます。
特に、ミネラルによってこびりついている白い垢は、クエン酸を使うことによってキレイに落とせます。
ゴシゴシと力技で掃除しなくても、キレイにとれます。

・まとめ

今回は、キッチンのステンレスが汚れる原因と対処法についてご紹介しました。
軽度なサビであれば、ぜひ実践してみてください。

根本的に汚れを取り除き、もっとキレイにしたいとお思いであれば、掃除のプロであるハウスクリーニング業者に頼んでみてはいかがですか?
今回ご紹介しましたハウスクリーニングについて少しでも興味をお持ちになった方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。