スポンサーリンク

「キッチンのしつこい油汚れを取りたい!」
「この汚れを取るにはどうしたらいいの?」
このような疑問をお持ちの大家さんやオーナーさんは多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、入居者が撤去後のキッチンの汚れには、頭を悩まされている大家さんやオーナーさんは多いですよね。

しかし、キッチンが汚れた状態のままだと、なかなか次の入居者が決まらないですよね。
入居者にとってキッチンの汚れは、この賃貸を借りるか借りないかの大きな重要なポイントになりますよね。
逆に言えば、キッチンがキレイだと入居率がアップしますよね。

そこで今回は、ハウスクリーニング業者による実例を踏まえてご紹介します。

・キッチンの汚れの種類

キッチンでは、毎日使うことによって日々溜まっている汚れが蓄積されていきます。
例えば、換気扇周りには、油のしつこい汚れによって頭を抱え込まされますよね。

そのほかにも、シンクの汚れ、調理台の汚れなどキッチンは家の中で一番汚れやすいところです。

・換気扇

換気扇の油汚れは、手には負えない程手強く、自分でではどうしようもないですよね。
また、換気扇は高所に位置しており、掃除するには一つ一つ分解して掃除しないといけないですよね。
とても大変です。

ハウスクリーニング業者に依頼すれば、換気扇専用の洗剤を用いて、頑固な汚れもキレイに落とせます。
また、汚れがひどい場合は、専用の機械を使って、キレイに掃除をします。

・シンク

シンクの汚れはとても目に入りやすく、目立ちやすい汚れが多いですよね。
特に、水垢による汚れは取りにくく、頑固な汚れが多いです。

また、その汚れによってシンクの光沢が失われ、見た目上も良くないですよね。
ハウスクリーニング業者はステンレスシンク磨きとシンク再生研磨を用いて台所をキレイに蘇らせます。
特に、業者のステンレスシンク磨きは一般家庭ではできないような高技術サービスです。

・調理台

調理台によく用いられる素材として人工大理石が使われています。
主な成分は、ポリエステルやアクリル樹脂でできており、正確には石ではありません。
天然の大理石に比べて安いというメリットがありますが、傷が付きやすいこと、熱に弱いなどのデメリットもあります。

しかし、調理台はどれだけキレイに使うことを心がけても汚れてしまいますよね。
ハウスクリーニング業者は、このような汚れに関しては、しみ抜き洗浄と研磨再生を用いてキレイにします。
この技術を用いることによって、新品同様な光沢のある調理台を蘇らします。

■まとめ

今回は、キッチンをキレイにするためのハウスクリーニング業者の実例についてご紹介しました。
入居希望者のお客様が部屋にいらっしゃったとき、キッチンがキレイだと成約率がアップすることは間違いなしですね。

今回ご紹介したハウスクリーニングについて少しでも興味をお持ちになった方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。