スポンサーリンク

「エアコン内部ってどうやって掃除するの?」
「いざやろうと思っても体力を使うし、できるならやりたくない…」
このようなお悩みをお持ちの大家さんやオーナーさんは、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

エアコンは一年を通して使用頻度が高い家電機器ですよね。
そんなエアコンはホコリや汚れが溜まりやすいです。

実は、エアコン内部に溜まったホコリや汚れはアレルギーや喘息を引き起こす原因となります。
しかし、自分で掃除しようと思っても、どこを掃除したら良いか分からないという方はいらっしゃいませんか?

そこで今回は、エアコン内部に溜まったホコリや汚れを掃除しないとどうなるか、そして簡単な掃除方法についてご紹介します。

・エアコンを掃除しないとどうなるのか

エアコンを掃除しないと、エアコン内部のフィルターにホコリや汚れが溜まっていきます。
そもそもエアコンの仕組みは、部屋の空気を取り入れ、集めた空気をエアコン本体で温めたり、冷やしたりすることによって、その空気を部屋に送り出して部屋の温度を調整します。

フィルターは、集めた空気の中に含まれている不純物を内部に入り込むのを防ぐ役割を持っています。
ですから、エアコンを定期的に掃除しないと、フィルター内部にどんどんホコリは溜まります。
だんだんエアコンの効きが悪くなったり、エアコンが故障する原因になったりします。

・自分でエアコン内部をどこまで掃除ができるのか

素人の方が自分で掃除しようと、エアコン内部で掃除ができる箇所といえば、取り外し可能のフィルターぐらいではないでしょうか。
しかし、内部に入り込んだホコリや汚れはフィルターを掃除しただけでは、完全にキレイにすることはできません。
エアコンのパーツを一つ一つ分解しないと、そのホコリや汚れを落とすことはできないのです。

しかし、素人の人がエアコン内部を一つ一つ分解して、キレイにすることは難しく、エアコンが潰れてしまう可能性があります。
また、長年エアコンの内部を掃除していない場合、一度業者に頼んでみて、内部までキレイにしてもらうことをオススメします。

・まとめ

今回は、エアコン内部を掃除しなかったらどうなるか、自分でできる掃除の範囲と業者への依頼についてご紹介しました。
エアコンのフィルターが汚れたままですと消費電力が増えて、使用料金も上がってしまいます。

ヒカリ清掃サービスは、お客様のエアコンを長持ちさせるため、豊富な経験や技術を活かしてキレイに清掃いたします。
今回紹介したエアコン掃除について少しでも興味をお持ちになった方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。