スポンサーリンク

「空き部屋のトイレ掃除に困っている…」
「トイレの黄ばみがなかなか取れず、目立ってしまう。」
このような疑問をお持ちの大家さんやオーナーさんは多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、入居者の撤去後のトイレの汚れには、頭を悩まされている方は多いかと思います。

トイレは一年を通して使用頻度が多い場所ですよね。
そんなトイレは、使用するたびに汚れていってしまいます。

特に、トイレは黄ばみやすく、なかなか取れず、目立ってしまいます。
とはいっても、トイレが汚れた状態のままだと、なかなか次の入居者が決まらないですよね。

そこで今回は、トイレの汚れの原因である黄ばみや黒ずみの解説と掃除方法についてご紹介します。

・トイレ汚れの原因

トイレの黄ばみの原因として挙げられるのが、尿に含まれる尿石という物質です。
また、黒ずみは黄ばみにカビが入り込んでしまうことが原因です。
黒ずみの汚れは、服に付いたホコリが蓄積して、空気中のホコリと結びついて固まってしまうことで現われます。
尿による汚れは、主にカルシウムが石のように固まることが原因です。

臭いには、原因が2つあります。
1つは汚物からの臭いであり、もう1つは排水口の老化による臭いです。
汚れを放置したままでいると、菌が溜まっていき、衛生面でも好ましくありません。

・掃除方法

黄ばみの原因は、尿に含まれるカルシウムが固まってしまうことです。
トイレを使った後に、しっかり水を流してもなかなかキレイに取れない厄介な汚れです。
そんな汚れをキレイに取るには、酸性の洗剤がとても有効です。

黒ずみの原因は、カビと水垢です。
黒ずみは、トイレの水が溜まっている部分によく見かけることが多ですよね。
いかにもトイレの汚れという感じがしますよね。
そんな黒ずみの汚れをキレイにするには、塩素系の漂白剤が効果的です。

水垢の汚れは、水道水に含まれるミネラルが主な原因です。
ミネラルの主な物質はカルシウムやマグネシウムです。
便器が乾く際に、空気中の酸素や二酸化炭素がミネラルと結びつくことが水垢の原因です。
そんな水垢の汚れを取るには、酸性の洗剤が有効です。

・まとめ

今回は、トイレの主な汚れの原因とその掃除方法についてご紹介しました。
トイレが汚いと、空き部屋もなかなか成約率がアップしないですよね。

ヒカリ清掃サービスは、お客様のトイレをキレイにするために、豊富な経験や技術を生かしてキレイに清掃いたします。
今回ご紹介しましたトイレ掃除について少しでも興味をお持ちになった方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。