スポンサーリンク

「内覧時、細かい部分まで見られるのに、掃除が隅々までできていない。」
「自分で掃除をやっても隅々まで手が行き渡らない。」
このようなお悩みをお持ちの大家さんやオーナーさんは多くいらっしゃるのではないでしょうか。
特に、入居者の撤去後の部屋の汚れには頭を悩まされている方は多いかと思います。

しかし、内覧時に部屋が汚れた状態のままだと、なかなか次の入居者が決まらないですよね。
入居者に部屋のキレイさは、この賃貸を借りるか借りないかの大きな重要なポイントになってくるでしょう。
逆に、部屋がキレイだと成約率もアップするでしょう。

そこで今回は、内覧時における入居者のチェックポイントについてご紹介します。

・第一印象である玄関

玄関はその家の第一印象を決める場所です。
玄関は部屋に入ったとき初めて目にする場所であり、部屋の出入口でもあるメインの場所です。
ですから、玄関は常に隅々までキレイにしておきたい場所です。

また、玄関は下駄箱の臭いがとてもこもりやすいので、エタノールのような除菌液を用いてキレイにしておきましょう。

・リビング

玄関の次に目をする場所がリビングです。
リビングは生活をする上で、一番長い時間を過ごす場所でもあります。
実際、入居者が成約をする際に求める点がリビングの部屋の大きさや部屋のキレイさです。
特に、ホコリが溜まりやすい部屋の端っこの部分はキレイにしておく必要があります。

掃除のポイントとしては、まず高い場所から順に掃除をしていき、床に落ちたホコリを掃除します。
最後に、拭き掃除という手順で掃除を進めると、効率良く掃除できます。

・窓

窓がキレイに保たれていると、部屋の隅々まで掃除の手が行き渡っているとアピールできます。
窓が透明なら透明にして、白い窓なら白くするように、窓に光が当たるようにしましょう。

このように窓の明るさを保っていると、成約につながること間違いなしですね。

・水回り

キッチン、トイレ、風呂場などの水回りは内覧時、よくチェックされる箇所でもあります。
特に、水回りは湿気によって、カビが繁殖しやすくなるので汚れやすい場所でもあります。

・まとめ

今回は、内覧際に入居者のチェックポイントについてご紹介しました。
成約するためにもっとも重要な点は部屋をキレイに保っておくことです。
根本的に汚れを取り除き、部屋をキレイにしたいとお考えの方は、掃除のプロであるハウスクリーニング業者に頼んでみてはいかがですか。

今回紹介したハウスクリーニングについて少しでも興味をお持ちになった方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。