スポンサーリンク

■はじめに

「事務所のエアコンから嫌な匂いがする」「風を送り出すファンについたホコリが稼働時に出てくる」「エアコンの効きが悪い」そんな経験はありませんか?
このような症状はエアコンの中にあります。
エアコンのフィルターは清掃することができても、エアコン内部の掃除までは不可能ですよね。

そのままにしておくと、これから訪れるであろうお客様やスタッフに不快感を与え、アレルギーなどを引き起こす恐れがあります。
そのため、空室のうちにエアコンの内部を綺麗にしておく必要があるのです。

そこで今回は、空き事務所のエアコンクリーニングについてご説明致します。

■エアコンクリーニングとは

エアコンクリーニングでは、送風口内部と風を送り出すシロッコファンやフィルターの裏側にあるアルミフィン(熱交換器)、そしてその下にあるドレンパンなど、通常では洗浄することが不可能な内側の部分まで掃除することができます。
エアコンクリーニングを行うことで、エアコンから吹き出すイヤ臭いやホコリを解決することができますよ。

■手順

エアコンクリーニングの手順は、大きく【分解・部品の洗浄・内部洗浄・片付け】の4つに分けられます。

1.分解

分解を行うことによりエアコン内部の部品を取り外す事ができるため、細部に蓄積された汚れも落とす事ができ、電子部品に水が掛かる危険性も防ぐことができます。
また、取り外した部品も一つ一つ丁寧に洗浄できますので、油汚れやホコリ・カビ・タバコのヤニ等も除去することが可能です。

2.部品の洗浄

完全分解したパネル、ファン、フィルター、ドレンパン、ファンモーター、ドレンポンプなどの各部品を洗浄します。

3.内部洗浄

外からは見えない業務用エアコンの熱交換器は想像以上に汚れています。熱交換器に付着したカビ、エアコン内部の汚れを完全に洗浄しない限り、エアコンから吹き出すイヤ臭いやホコリは解消しません。
内部洗浄では、内部表面のごみ、ホコリを吸引します。その後、エアコンに蓄圧式噴霧器を使用して洗剤を塗布します。
時間を置いた後、高圧洗浄機で丁寧に洗っていきます。

4.部品取り付け・片付け

洗浄後エアコンを稼働して充分に乾燥させ、取り外した部品を取り付けます。
各種動作確認をすればエアコンクリーニングは完了です。

■まとめ

ご自身での洗浄だけでは、エアコンの内部から出てくるホコリや嫌な匂いの除去をすることは不可能であり、限界があります。
そこで、ヒカリ清掃サービスでは、空き事務所のエアコンクリーニングを行っております。
興味のある方は、ぜひヒカリ清掃サービスまでご相談くださいませ。