スポンサーリンク

■はじめに

空室対策における成功のポイントとは何なのでしょうか?
近年、空室のアパートやマンションが増えて、空室対策に翻弄されている大家さんが多くいらっしゃいます。
家賃相場の見直しや設備の見直し、リフォームなど、空室対策にはいろんな方法がありますよね。

そこで今回は、その対策の一つであるハウスクリーニングについて紹介するとともに、清潔にお部屋を保つことの重要性についてもご説明致します。

■ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、掃除の専門業者が家に来て、素人ではなかなか掃除しにくいところをきれいにしてくれるサービスのことです。
ハウスクリーニングは、「空室クリーニング」と「在宅クリーニング」の2つの種類に分けられます。
最近では、在宅クリーニングよりも空室クリーニングの依頼が増えています。

♢空室クリーニング

空室クリーニングは賃貸物件を原状回復するための方法の一つで、新たな入居者が入る前に行う清掃のことを言います。
前の入居者が退去してからしばらく空き家や空室になっていた部屋の掃除も行います。
空室クリーニングの場合、キッチンや浴室、トイレなど部分的な掃除だけでなく、リビングルームやエアコン、ベランダ、壁や天井まで部屋を丸ごとクリーニングをしてしまうのが一般的です。

■ハウスクリーニングが重要な理由

空室対策のために行われるリフォームで設備を変えたとしても、その設備の周りが綺麗になっていなければ、せっかくリフォームをした意味がなくなってしまいます。
同じエリアや同じ条件の物件を並べれば、どちらが綺麗かどうかということを基準にして入居者は部屋を選びます。

また、普段からこまめに掃除しているつもりでも、部屋はいつの間にか汚れ、劣化していきます。
特に賃貸物件では、入居者は内覧時にその部屋が清潔であるかを重要なポイントとしている場合が多く、お部屋の隅々の細かいところまで見ています。

さらに、内覧時には家具や家電製品などが置かれていないため、部屋の汚れが目立ってしまいます。
そのため、よりいっそう綺麗に保っておく必要がありますよ。
逆に、清潔感のあるキレイな部屋であれば築年数が多少経っている物件であっても好感を持たれることでしょう。

■まとめ

空室対策における成功のポイントは、部屋を清潔に保つことなのです。
次回入居者を迎え入れるためにもハウスクリーニングをしませんか?
ヒカリ清掃サービスでは、空室ハウスクリーニングを行っております。興味のある方は、ぜひご連絡くださいませ。