スポンサーリンク

■はじめに

近年、空室のアパートやマンションが増えて空室対策に翻弄されている大家さんが多くなっています。
そんな悩みの種である空室をどうすれば埋めることができるのでしょうか。
そこで、今回は空室を埋めるためにはどうしたらよいのか、その方法をご説明致します。

■空室を埋めるためにはどうしたらよいのか?

空室を埋めるためには、大家さんが意識するべきポイントがあります。
それは、「部屋を綺麗に保つこと」です。
空室対策としてリフォームを思い浮かべる人も多いと思いますが、リフォームの第一歩は、部屋を綺麗にすることです。

もし、部屋の掃除をしっかりしていないと、改善するべきところをリフォームできなかったり、逆に改善しなくてもよかった場所にまでお金をかけてしまう事態が考えられます。
そのため、リフォームをするしないに関係なく、大前提として「部屋を綺麗に保つこと」が空室を埋めるためのポイントなのです。

■ハウスクリーニング

部屋を綺麗に保つためには、自分で掃除することも可能です。しかしながら、素人が行う掃除には限界があります。
そこでオススメしたいのがハウスクリーニングです。
ハウスクリーニングとは、掃除の専門業者が家に来て、素人が行う掃除では見落としがちなところや、掃除が足りないところをきれいにしてくれるサービスのことを言います。

ハウスクリーニングは、「空室クリーニング」と「在宅クリーニング」の2つの種類に分けられます。
最近では、空室が増加傾向にあるということで、在宅クリーニングよりも空室クリーニングの依頼が増えています。

♢空室クリーニング

空室クリーニングは賃貸物件の原状回復の一つで、新たな入居者が入る前に行う清掃です。
前の入居者が退去してから、しばらく空き家や空室になっていた部屋の掃除も行います。
空室クリーニングの場合、キッチンや浴室、トイレなど部分的な掃除だけでなく、部屋全体のクリーニングを行うことが一般的です。

■ハウスクリーニングの掃除範囲

リビングルーム、換気扇、キッチン、トイレ、浴室、洗面所、エアコン、ベランダ、壁や天井、窓やサッシ、玄関、など部屋全体を掃除します。
また、玄関を例にあげると、ドア、ドアポスト、下駄箱、表札、インターフォンなどの細かい部分も掃除します。
したがって、ハウスクリーニングでは、部屋全体の細かな部分まで掃除を行うのです。

■まとめ

次回入居者を迎え入れ、空室を埋めるためにも、ハウスクリーニングで部屋全体の細かな部分まで綺麗にしてみませんか?
ヒカリ清掃サービスでは、空き部屋のハウスクリーニングを行っております。
興味のある方は。ぜひヒカリ清掃サービスまでご相談くださいませ。