スポンサーリンク

■はじめに

「空き家のどこからか下水の臭いがする、カビっぽい臭いがする、ホコリ臭い…。」こうした室内の悪臭がお部屋全体に充満していませんか?
空室期間が長いことによって、お部屋に悪臭が漂ってしまいます。

このような状態では次回入居者を迎えられませんし、内覧にお客様が来ても契約まで辿り着かない可能性があります。
すなわち、空室にしないためには、匂い対策が必要なのです!
そこで、今回はハウスクリーニングで出来る匂い対策についてご紹介致します。

「ハウスクリーニングとは何?」と思われた方にハウスクリーニングについてご説明すると、掃除の専門業者が家に来て、素人ではなかなか掃除しにくいところや手の届きにくいところも含めて家中まるごときれいにしてくれるサービスのことを指しています。

■ハウスクリーニングで出来る匂い対策

ハウスクリーニングを行うと、あらゆる箇所の悪臭を退治することができます。
以下では、特に悪臭が起きやすく、依頼の多い【浴室・キッチン・トイレ】の3箇所のハウスクリーニングについてご紹介します。

・浴室の悪臭

浴室のニオイは、新居を決める際に最も気になる箇所です。
裸になって入浴するお風呂が汚い・臭いことに嫌悪感を抱く方が多いのは理解できますよね。

浴室のニオイの一番の原因は、エプロン内部(浴槽下)から発するニオイなのですが、一般人が掃除するには限界があり、最も難しい箇所とされています。
そのため、プロの力でハウスクリーニングを行う必要があるのです。

・キッチンの悪臭対策

キッチンの悪臭対策は、キッチンの配管内部をクリーニングするのが主流です。
キッチンの排水管は洗い物から出た油や石鹸カス・へどろなどでかなり汚れています。
汚れた状態のまま使っていると詰まりや悪臭の原因になってしまいます。

・トイレの悪臭

トイレは普通に掃除しても、すぐに臭ってくることが多いです。
そのトイレの臭いの原因は、尿の飛び散りなどにより雑菌が繁殖し、時間とともにアンモニア臭を発生させていることにあります。
しつこい尿石汚れや黒ずみは、プロが使用する特殊な紙ヤスリで削らないと落ちないケースがあります。

■まとめ

次回入居者を確保するためには、このような匂い対策は必要不可欠です。
しかしながら、自分で対策するには限界があり難しいのが現実です。

ハウスクリーニングでは普通では掃除が行き届かない部分もプロの力で対処することが可能です。
空き家にしないためにも、ハウスクリーニングを行って匂い対策をしましょう。
興味のある方は、ヒカリ清掃サービスまでお気軽にご連絡ください。