スポンサーリンク

■はじめに

空き部屋のトイレは綺麗ですか?トイレ掃除はされていますか?
トイレ掃除は、一般的にトイレ用洗剤を使ってブラシでゴシゴシ擦って流す、という作業になると思います。
このようなトイレ掃除を定期的にしていれば、除去できない強固な汚れは出来ないはずです。

しかしながら、一旦酷く汚れてしまったトイレの汚れをキレイにするのはとても難しいですよね。
そこで、今回はプロが行う空き部屋のトイレ掃除についてご説明致します。

■トイレクリーニング

普通のトイレ掃除では、悪臭の元となるトイレの便器の内部の黄ばみや尿石、トイレの手洗いに着いてしまった金属スケールなどの黒ずみなどを取るのは難しいですよね。
このように一旦酷く汚れてしまい、普通のトイレ掃除ではなかなか取ることのできない頑固な汚れを取るのが、プロの行うトイレ掃除であり、この掃除のことをトイレクリーニングといいます。

なぜトイレクリーニングでは頑固な汚れを取ることができるのかと言うと、その汚れに合った洗剤や薬品を使用するからです。
トイレを傷めるような強烈な薬品などを使うと、正確に汚れを落とすことができないうえ、トイレ表面の上薬が溶けてしまうことがあります。
また硬いものでこすり落とすと、トイレの黒ずみにつながってしまう恐れがあります。

■トイレの清掃箇所

トイレクリーニングでは、見落としがちな箇所まで掃除します。
具体的には、便座、便器、便器周り、タンク周り、換気扇、照明器具、各収納、床、窓、コンセントプレートを掃除します。
なかなか手がつけられない箇所ほど、匂いの原因にもなり綺麗にするべき箇所なのです。

このような細かい箇所を掃除することで、黄ばみ、尿石、カビを除菌し、嫌な匂いなども改善することができます。

■トイレの掃除手順

トイレの清掃手順は大きくつの手順に分けられます。

1.全体清掃

特に男性が用を足す場合は立ってすることが多いので、壁などのトイレ全体に汚れがついていることが多いです。
そのため、便器だけでなく換気扇・壁・天井・床の掃除も行います。

2.便器・便座掃除

便座表面は、座った時の人間の汗などからくる皮脂汚れが付着し、裏側は飛び散った尿による汚れが付着しています。
そのため便器や便座も分解して念入りに掃除をします。

3.タンク周りの掃除

特にタンクの裏側は、水垢のつきやすくカビが繁盛しやすくなっています。
そのため、嫌な匂いの原因にもなりやすく念入りに掃除をする必要があります。

■まとめ

このようにトイレクリーニングは、普通のトイレ掃除ではできない細かな箇所まで掃除を行い、頑固な汚れをも落とすことが可能です。

ヒカリ清掃サービスでは、空き家のトイレクリーニングを行っています。
空き部屋を綺麗にし、新居者を迎え入れるためにもトイレクリーニングをしてみてはいかがでしょうか。
興味のある方がいらっしゃいましたら、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談くださいませ。