スポンサーリンク

■はじめに

賃貸物件の集客対策に、キッチン掃除をしてみませんか?
キッチンの水回りは、汚れも目立ちやすく、その上、内覧などで良くチェックされてしまいます。
そのため、賃貸物件の集客おいてはキッチンが綺麗であることは欠かせない最重要ポイントなのです。

そこで今回は、キッチン掃除についてご説明致します。

■キッチン清掃の種類

空室のキッチン掃除では、キッチンを複数の箇所に分けて掃除を行います。
ここでは、【ガスレンジ・キッチン台・ステンレスシンク・排水溝】に分けてご説明いたします。

・ガスレンジ

カスレンジは、油や調味料、吹きこぼれなどの焦げが付きやすく、キッチンの中での特に汚れが目立ちやすい箇所です。
黒くて目立たないから少しくらい汚れててもいいか、という安易な考えでガスレンジに付いた油かすなどをついつい放っておいては、入居者からの印象が良くありません。
そのため、ガスレンジの汚れは見えないところまでピカピカに綺麗にする必要があるのです。

しかしながら、ガスレンジの焦げは非常に硬く、市販の洗剤で落とすことは非常に難しいというのが現状です。

・調理台

調理台は毎日使う場所なので、油汚れでベタベタになったり、傷がついていることがあります。
また、厄介なことに調理台に付着した油汚れはその上に更に埃等が付着してしまい、落ちにくい汚れとなっていることが多々あります。

・ステンレスシンク

ステンレスシンクの汚れは白くくすんだ水アカ、サビ、油汚れ等が原因になっている場合がほとんどです。
油汚れはアルカリ洗剤できれいになりますが、水アカの場合は掃除をして綺麗になったように感じても、乾くとすぐに再発する頑固な汚れです。
そのため、ステンレスシンク磨きはハウスクリーニングの中でも難易度が高く、掃除のしにくい箇所なのです。

・排水溝

キッチンの排水溝は、ゴミや油よごれ、雑菌、水垢が原因で、ヌメリやカビが生えてしまいます。
放っておくと、嫌なにおいの原因になる他、コバエの発生や頑固なカビ汚れの原因やつまりにもつながります。

■まとめ

キッチン掃除と言ってもこのように複数箇所に分けられ、その箇所に合った方法で掃除を行うことが必要です。
新しい入居者を迎える際には、綺麗な物件と思ってもらえるようキッチン掃除をしてみましょう。

ヒカリ清掃サービスでは、キッチン掃除を行っております。
自分で掃除をしてみたけれど限界という方は、ぜひヒカリ清掃サービスまでお気軽にご相談ください。