スポンサーリンク

あなたのお持ちの空き部屋、どれくらい掃除をしていらっしゃいますか?

毎日の暮らしに重要な水回りは、その清潔さがもっとも問われます。
中でも、トイレは以前の賃借人があまり掃除をしておらず非常に不衛生的な場合もあります。

そこで今回は、トイレのよくある汚れとその対策方法をご紹介します。

〇トイレの汚れと対策

1. 便器

便器内部には、黒ずみ・黄ばみなどの厄介な汚れがたくさんついています。

・黒ずみ

水たまりの上部や便座のふちに、線のような黒い汚れがついているのを1度は見たことがあるのではないでしょうか。
これは、ホコリやカビなどの微生物が原因です。
水道水に含まれるケイ塩酸や鉄分等と混じると、さらに落ちにくくなることがあります。

■対策

普段の洗剤で落ちない場合は、クエン酸や重曹を使って掃除する。

・黄ばみ(尿石)

尿石とは、尿に含まれる成分が沈着・固化して石のようになったもののことを言います。
尿石には穴が空いており、雑菌等が入り込むことによって悪臭の元となることもあります。
なかなか取れないからと放置すると悪化してしまう、悩みの種です。

■対策

酸性の洗剤で落とす。
普段から掃除をする。

2. 便座の裏

跳ねた尿などにより、便座の裏は非常に汚れやすいです。
便座やフタは強い酸性やアルカリ性の洗剤に弱いので、本体から取り外して中性洗剤で丁寧に拭き掃除をします。

3. タンク上の手洗い場

跳ねた水により水垢が形成され、黒ずんで汚れていることが多いです。
タンクに使用されている素材に応じて適切な道具を選び、洗浄・水拭き・から拭きを行います。
陶器でできている場合、研磨パットで磨いたりもします。

「手間がかかりそう」「正直、トイレの掃除はしたくない」
そんな風にお考えの方は、ハウスクリーニング業者に依頼するのはいかがでしょうか。
実際の施工前・施工後の写真を掲載しておりますので、清掃効果にご興味のある方は是非ご覧ください。

また、これらの掃除以外のオプションとして、便器のシリコン系フッ素コーティングや床のワックス塗布など、汚れや傷からトイレを守るための施工をすることも可能です。

〇まとめ

以上、トイレによくある汚れとその対策方法をご紹介しました。
同じトイレ回りの汚れであっても、その種類により行うべき施工が異なってくることをご理解いただけたと思います。

ヒカリ清掃サービスは、豊富な経験を生かして落ちにくい汚れもきれいに除去します。
トイレの汚れに関することでお悩みの際には、ぜひ一度お気軽にご相談ください。