スポンサーリンク

「空室の掃除はどこまですべきなんだろう」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
賃貸物件の内覧時には、多くのお客様があらゆる部分で部屋の清潔さをチェックされています。

そこで今回は、お客様の見ているポイントとその対策方法をご紹介します。

〇チェックポイント

お客様が賃貸物件を内覧するときに見るポイントとして、よく挙げられているものは以下の通りです。

・クロスや床の汚れ
・お風呂、トイレ、キッチン、洗面台の汚れ
・玄関やベランダの状態
・廊下等の共有スペースの状態

廊下は定期的な掃き掃除を行うことによりクリアできそうですが、気を付けたいのは室内の状態です。
お客様が求めているのは、「一目見て虫やゴミが見当たらない」というレベルではありません。

たとえば床であれば、板と板の狭間や巾木の上などの狭いところにホコリが溜まっていないか、目立つ黒ずみがないか確認しましょう。

水回りはサビやカビが発生していないか入念にチェックする必要があります。

確認できた汚れや傷の種類に応じて、拭き掃除や処理が必要になります。
部屋の細かい部分までキレイにしておくことで、部屋全体の清潔感や印象がまったく違ってきますので、掃除は非常に重要です。

できるだけ汚れは落とし、傷は補修しておくのが良いでしょう。

〇ハウスクリーニングという選択肢

もし、以上のチェックされるポイントを自信をもってクリアしているとは言えない状態であれば、まず行うべき空室対策は掃除です。

とは言え、そんなに細かい部分まで掃除する暇はないというオーナー様は多いのではないでしょうか。

そこでおすすめしたいのが、業者にハウスクリーニングを依頼することです。
業者は清掃のプロですので、専用の道具を使い、分解できる部分は取り外して一つ一つ丁寧に掃除していきます。

ご自身で掃除をする手間を省けるだけではなく、掃除しにくい場所や落ちにくい汚れまで、より美しくすることができます。
お部屋を綺麗に保って空室を埋めたいとお考えの方は、検討してみてはいかがでしょうか。

〇まとめ

以上、掃除の重要性とハウスクリーニング業務をご紹介いたしました。
お客様が内覧時に細かく確認されてもいいように、綺麗な状態を保つことが重要だとご理解いただけたかと思います。
ヒカリ清掃サービスは、豊富な経験と専門の清掃技術でオーナー様を全力でサポートいたします。

空室の掃除に関することでお悩みの際は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。