スポンサーリンク

「マンションの空室がなかなか埋まらない」とお悩みの方はいらっしゃいませんか。
特に競合他社の多いところでは、敷金や賃料の割引を導入しても入居に直結させるのが難しいですよね。
そこで今回は、コストを抑えて他社と差別化するための方法を1つご紹介します。

○モデルルーム化で入居率アップ

モデルルームとは、間取りや設備などの仕様をお客様に見せるための施設のことを言います。
典型的には、テーブルやベッドなどの家具を配置して、単純に見栄えが良くなるだけでなく、そこでの生活をイメージしやすくさせることで、集客効果を狙うというものです。

しかし、空室対策にあまりお金をかけたくないというのが本音かもしれません。
設置や撤去にも相当の手間がかかってしまいます。
そんな方にご紹介したいのが、100円ショップで手に入るグッズで簡易的なモデルルームを作るということです。

具体的には、洗面台にアメニティを置いたり、部屋の魅力をアピールするPOPを作ったり、見た目がおしゃれな小物を飾ったりすることが挙げられます。
これなら、手間やコストを最低限に抑えつつ、お客様に魅力を伝えることができます。

○何より大事な清潔感

写真等でお客様を惹き付けることができたら、次は実際に見に来てもらうことになります。
お客様に部屋を見てもらう際、特に注意すべきなのは部屋の綺麗さです。
お客様は、窓などの写真で分かりにくい細かい部分までチェックしています。

せっかく足を運んでもらっても、清潔さに欠けると選んでもらうことができません。
部屋を綺麗に保つことは、最重要課題と言っても過言ではないのです。

とは言え、普段から細かい部分まで入念に掃除する暇などないという方が多いのではないでしょうか。
ただでさえ空室は汚れが発生しやすいのに、隅々まで綺麗に保つのは難しいと思います。

そこで、掃除をハウスクリーニング業者に一任するのはいかがでしょうか。
ご自身ではとても掃除しきれず、交換には多額の費用が掛かるという場合でも、専門業者が清掃を請け負ってあらゆる汚れを落とします。

清潔なお部屋でお客様を迎え入れ、気持ちよく過ごしていただきましょう。

○まとめ

以上、空室を埋める対策の1つとしてモデルルーム化する方法をご紹介しました。
ヒカリ清掃サービスは、得意とする研磨再生技術を生かして、お部屋を末永くご使用いただけるよう、オーナーの皆様を全力でサポート致します。

空室のお手入れに関することでお悩みの際は、是非一度お気軽にご相談ください。