スポンサーリンク

東京で空室の物件に困っている大家さんはいらっしゃいませんか?
せっかく東京に良い物件を持っていても、人が入居しなければ意味がありませんよね。
しかし、東京に住む場所を求めている人は数多くいらっしゃいますので、あなたの工夫次第ではその物件はすぐに売ることがでるでしょう。

あなたはその物件に対して今どんな工夫をしていますか?
「チラシに力を入れている」「ホームページに力を入れている」という方は多いのではないでしょうか?
東京で物件を売りにだしていて、かつ広告が充実しているという条件が揃えば自然とお客様が内覧に来る機会も多いと思います。

しかし、内覧に来ても契約をせずに帰ってしまうお客さんも多くいらっしゃるでしょう。
今回はそんな疑問にお答えするべく、空室対策を成功させる方法についてご紹介します!
せっかくの魅力的な広告をムダにしないためにもこの記事を参考にしてみてくださいね。

〇内覧者に最高のおもてなしを!

内覧に来ていただいたお客様に対して、物件の中を見せて金額の話をしておしまい・・・という流れになってしまっていませんか?
お客様は物件の様子について広告などですでに知っているわけですから、広告など紙媒体では伝わらない部分を紹介してみてはどうでしょうか?

例えば、「この物件一番の特徴はシンクやガスコンロの綺麗さです!前に誰かが住んで使っていたとは思えないくらい綺麗ではありませんか?」というキッチンに関する話や、「このお風呂見てください!リフォームをしたわけでもなく、水垢がひとつもないんですよ!是非このお風呂であなたの一日の疲れを癒してください」という水回りに関する話をすれば、内覧に来たお客様はその家での生活をリアルに想像することができ、新しい生活に対してワクワクした気分を持っていただくことができるでしょう。

しかしその反対に、お風呂が水垢で汚れていたり、ガスコンロに油汚れがこびりついていたりしたらマイナスなイメージを持ってしまいますよね。
きっとこれからの生活を想像することはなく、他の物件探しを始めてしまうかもしれません。
そのようなことを回避するためにも空室を持っている今、空室の清掃をプロの手に任せてみませんか?

 

今回は空室を埋めるにあたって、家を綺麗にしておこうということをご紹介しました。
清掃業者に任せると今の物件をどこまで綺麗にすることができるのか気になるという方は、是非ヒカリ清掃サービスまでご相談ください。
現場見積もりやテスト施行など対応させていただきます。
あなたのご連絡をおまちしております!