スポンサーリンク

あなたが大家さんであるならば、内覧の際に何か気を付けていることはありますか?
ほとんどの大家さんが共通して答えることは「内覧していただく部屋をできる限り綺麗にしている」ということだと思います。

やはり、せっかくお客様に実際にお部屋を見ていただく機会なのですから、そのお部屋がもっと見栄えよく見えるように綺麗にしておくことは重要ですよね。
それでは、具体的に内覧時に部屋が綺麗なのと、綺麗でない場合にはどんな差があるのかということをお伝えします。

〇内覧時に部屋は綺麗にしておいた方が良い?

内覧に来られるお客様は、その物件の間取りであったりアピールポイントについて事前に広告などの情報から得ていますので、当日は物件の綺麗さであったり実際に自分が住んでみたらどんな感じなのかということを確認するためにやってこられます。
そのため、内覧時に部屋が綺麗ということはとても重要なのです。

部屋が綺麗ということは水回りやガスコンロなど、すべての設備が綺麗ということを意味します。
綺麗なガスコンロを見れば、だれでも「ここで自炊してみたらきっと素敵だろうなあ」と思ったり、綺麗なお風呂を見て「こん

なお風呂で日々の疲れを癒したいなあ」と思ったりしますよね。
お客様にそのような気持ちになっていただけるように、内覧時には部屋のすみずみまで綺麗にするように心がけましょう。

〇具体的に部屋のどこを掃除すればいいの?

先ほどから「部屋」の掃除と言っていますが、具体的にどの部分を掃除すれば良いのでしょうか?
具体的に言うと、
・玄関
・お風呂
・トイレ
・洗面所
・窓
・ベランダ
が挙げられます。
お部屋に掃除機をかければ大丈夫、と思っていませんでしたか?

内覧時には、お客様は様々な角度からおうちの確認をしています。
特に、水回りの掃除はご自身で完璧にすることが難しいと思いますので、そういう箇所は専門の業者に任せてみるのも良いでしょう。
前の入居者の後だとは思えないほどキレイに蘇らせることができますよ。

今回は内覧の際にお部屋を掃除しておくことの重要性についてご紹介しました。
あなたの物件が清掃業者に任せるとどれくらい綺麗になるのか知りたいという方はお気軽にご相談くださいね。
テスト施行や現場見積もりなどに対応させていただきます。

今回の記事が参考になって、あなたの物件の掃除のお手伝いができれば幸いです。
あなたの物件の掃除はお済みですか?
内覧までに物件をもう一度見直してみてはいかがでしょうか。