スポンサーリンク

「え、こんなにキッチン汚かったっけ…」「せっかくステンレスにしたのに、サビてる…なんで?」

退去者が相次ぐ三月には、こんなことを思う大家さんも多いのではないでしょうか。退去直後にはキッチンが汚れているのが普通です。

しかし、汚れたキッチンのままですと、次の入居者はなかなか決まらないでしょう。

内見者にとって水回りの汚れは気になるポイントですからね。

逆に考えれば、キッチンを綺麗にすることは、入居者決定の確率をグッと高めます。
そのため、今回はサビると特にショックの大きいステンレスキッチンに注目します。

なぜサビるのか、サビていたらどうやって落とせるのかについてまとめました。

■ステンレスキッチンもなんでサビちゃうの?

サビに強く、サビないとされているステンレス。

高価でもそのメリットにつられて、ステンレスのキッチンを導入したという方も多いのでは?そんなステンレスもサビることはあります。なぜでしょう。

まず、ステンレスは全くサビないわけではなく、サビにくいだけです。そもそもサビの原因は空気中の酸素と結合してしまうことです。

鉄も塗装などで覆うことによってサビを防いでいます。

しかし、それは手間ですよね。

そこで、鉄にニッケルなどを混ぜることによって自動的に膜を作れるようにした合金、それがステンレスです。膜はこするとはがれますが、再び酸素と結合して膜を作ります。その結果、ステンレスはサビにくいのです。

そんなステンレスが、サビてしまう原因の一つはもらいサビです。他の鍋などのサビがキッチンに移ってしまうのです。これは非常に多い原因のようです。

飲んだ後の缶を放置したために、キッチンに缶の線状のサビが付いていた、なんて経験はありませんか?

それがもらいサビです。

また、塩素系の薬でステンレスの耐サビ効果が弱まっている場合や、ステンレスがそもそも不良品だったなんて場合もあります。

■ステンレスキッチンのサビを落とすためにできること

まず、お酢とケチャップを混ぜたものを塗ってみるという方法があります。

これは、お酢やケチャップに含まれている有機酸がサビと化学反応を起こすため効果的です。他にも重曹を使うという方法もあります。

こうした方法で、軽度のサビならほとんど取れるでしょう。

これでとれない場合は、クレンザー、衣類の漂白剤であるハイドロハイターや市販のサビ取り剤を使うという方法もあります。

サビ取り剤は、強力であるため、ステンレスを傷つける恐れもあります。

■まとめ

ステンレスキッチンがサビる原因とその対処法についてまとめました。

軽度のサビであれば、上記の方法を試してみてはどうでしょう。しかし「餅は餅屋」ともいいます。

抜本的にキッチンをキレイにしたいならば、ハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。