スポンサーリンク

本日は東京都江東区で空き部屋全体のおそうじ。

3月の終わり頃から大家さんにお話しをいただいていた案件で、かなり汚れているとのことです。

入居者さんがペットを飼っていたので損傷が激しく、ビニールクロス(壁紙)やフローリング、クッションフロアなども張り替え工事が必要でした。

そのため、ハウスクリーニングを入れるのが4月下旬となりました。

ペット可の物件は汚れやすい。

猫などは壁や床に爪を立てたりもするので損傷もします。

当店にご依頼いただいている大家さんの中には、契約時に壁紙と床の張り替え費用を退去時に請求する旨を同意いただいている方もいます。

もちろん飼い主のしつけにもよるでしょうが、基本的にペットを飼っている物件は禁止の物件に比べて汚れやすいです。

あらゆるところにペットの毛が付着します。

窓サッシや建具、壁などにつくので、ペット禁止物件で隠して飼っていてもハウスクリーニングに入ればすぐにわかります。

さらに臭いも問題となることが多いです。

おしっこの臭いなどが付着してしまった場合、通常のハウスクリーニングだけでは解決せず、専門の消臭作業を施さなければなりません。

とにかくペット可の物件の退去後の原状回復は大変なことが多いです。

水回りのおそうじは大変!

しかし今回の物件の汚れが激しいのはペットが原因というより、入居者さんの部屋の管理の仕方が悪いのが原因でした。

当店が清掃に入った時は壁と床は新品になっていたのでキレイでしたが、窓、ベランダ、お風呂やトイレなどの水回りは非常に汚いです。

キッチンはあまりお料理されなかったのか、さほど汚れていませんでしたが、他の浴室、トイレ、洗面台はかなりの汚れ。

窓も結露が激しかったのかカビだらけです。

今回、一人で作業にあたったのでとても時間がかかりました。

お風呂天井のカビ

浴室の汚れでひどかったのはカビです。

カビはこすり落とさなければならない水垢や皮脂汚れと違い、カビキラーなど市販の塩素系洗剤を噴霧しておくだけで効果があるので比較的簡単に落とせる汚れです。

でも浴室内はカビだらけだったので掃除した形跡が見当たりません。

ということで結構汚れていました。

施工前

施工後

洗面台

石鹸カスが層になって付着していたので大変でした。

洗剤を塗布→浸透を待つ→擦り洗いを繰り返し、ようやくキレイに。

施工前
洗面台

施工後

トイレ

今回の物件で一番大変だったのはトイレです。

とにかく汚れがひどい。

便座の裏にまで尿石が固まっていました。

便座はウォシュレットなのですが、どうやら故障しているようで交換するそうです。

施工前
トイレ

施工後

窓、サッシ

窓は先日川口市で作業した物件と同じくカビが酷い状態でした。

床を養生して塩素系洗剤を使って洗います。

施工前

施工後

おわりに

今回はなかなか手強い物件でした。

大家さんに聞いたところ、入居者さんが家賃を支払わず、それが続いたため退去していただく運びとなったそうです。

直接説得しても応じなかったため裁判となり、強制退去でようやく出ていただいたとのこと。

原状回復費用も回収できず、とても大変だったようです。