スポンサーリンク

本日は埼玉県川口市で浴室のおそうじ依頼。

通常であれば浴室清掃は2時間半から3時間ほどかかるのですが今回は1時間かからず仕上げました。

決して手を抜いたわけではありません。

今回の浴室、蛇口や壁面パネルはピカピカ、鏡にウロコ汚れは一切なし、タイル目地にもカビの付着はほぼありませんでした。

細かいところは少し汚れていましたが、パッと見ではプロのハウスクリーニングを入れた直後のようにも見えました。

つまり、早く終わった理由はただただキレイだったのです。

掃除方法

洗浄方法はバス用アルカリ洗剤で浴槽内と洗い場の床から腰くらいまでの高さを洗い、全体的に塩素系漂白洗剤で除菌しました。

換気扇はフィルター含め汚れておりましたのでネジを外して取り外し、洗剤で丸洗い。

蛇口カランなどの金属部品や鏡、窓はスポンジで軽くなでて流した程度。

最後にしっかり水で洗い流し、清潔なタオルで水気を拭き取って完了です。

全体的な掃除の流れはこんな感じでした。

水垢・カルキ汚れが無い!

今回、酸性洗剤や研磨剤は一切使用しませんでした。

なぜなら水垢汚れが一切なかったからです。

水垢、カルキとは水分が蒸発したあとに水道水の残留物が石灰化してできる汚れなのですが、石鹸カス・皮脂・カビなど浴室内のほかの汚れよりも手強いことが多いです。

特にケイ酸塩系の水垢はほとんど石みたいなもので、フッ化水素という比較的強力な薬品でなければ効果が期待できないほどです(別の記事でも書きましたが地域差があります)。

早く作業が終わった理由はこの水垢汚れが一切なかったことが大きいです。

水垢を防いだ方法とは?

お風呂をつかっている形跡はあるのにあまりにキレイだったので不思議に思い、お客様に思わず聞いてみました。

「お風呂のお手入れはどのようにしているのですか?」

するとお客様、

「使いおわったら毎回タオルで水気を拭き取ってます」

・・・なるほど。

前述の通り、水垢は水道水の残留物のかたまりなので水が乾く前に拭き取ってしまえば汚れは最初から付着しないということになります。

大変さに見合う価値がある!

もちろんそんなことは言われなくてもわかっている、という方がほとんどだと思います。

実際、当店で作業に伺ったお宅でも皆さんがそこまでは出来ない、ということで拭き取り作業はしていませんでした。無理もないです。

しかし今回の浴室、びっくりするくらいキレイを保っていました。冒頭で書いたようにパッと見はまるでプロのハウスクリーニングを入れた直後のようでした。

使用後に毎回タオルで水気を拭き取るという方は当店でも初めてでしたが、その効果をみると多少大変でもやる価値はじゅうぶんあると思います。

ちなみに今回のお客様、この物件には4年住んでおり、お風呂は毎日使っているとのことです。

また、今回このキレイなお風呂の掃除を請け負うことになったのは昨日のエアコンクリーニングと同様に、賃貸契約の更新事にオーナー様がハウスクリーニングを入れているのが理由です。