スポンサーリンク

本日は埼玉県戸田市のマンションにて空室のクリーニング。

今回の現場は入居年数が長く、全体的にけっこう汚れておりました。

よくお料理をされていたようでレンジフードやガスコンロなども汚れていたのですが、一番厄介だったのは浴室です。

手強かったのは水垢汚れ。

水垢とは

水垢汚れとは水道水のカルシウムやカリウムなどのミネラル成分が残留し固まったものです。

アルカリ性の汚れとなるので酸性洗剤を使用して柔らかくする必要があるのですが、性質によって塩酸やフッ化水素など、使い分けなければ効果がありません。

石灰化しているので白く浮き出る汚れで、素材の色や材質によって目立ったり目立たなかったりします。

地域差

水垢汚れは地域差があり、汚れが付きやすい地域とそうでない地域があります。

また汚れの強度にも関係があり、水垢が硬く付着する地域では強い酸性洗剤を使用してもなかなか落とせません。

今回のように戸田市での清掃作業は何度か経験があるのですが、いずれも浴室の水垢が落ちにくく厄介でした。

掃除内容

写真ではわかりにくいですが、蛇口カランや黒色の壁面にもカリカリの水垢が白く付着しています。

黒や紺などの濃い色の素材に水垢が付くと特に目立ちます。

全体に酸性洗剤を塗布して少し時間を置き、専用シートで擦り洗いします。

金属に長い時間、酸をつけていると腐食を促してしまうので手早く作業します。

キレイに除去出来ましたが、ここまでの仕上がりにするのに同じ作業を3回繰り返しています。

洗って水で流し、ドライヤーで乾かして確認。また洗う、この繰り返しです。

水垢汚れは濡れているうちは見えないのですが、乾くと浮き出てくるという本当に厄介な汚れです。