スポンサーリンク

大家さんを悩ますものといえば、物件の空室です。賃料が収益の中心なのですから、当然ですよね。

空室を埋めるために必要なのはどんなことでしょうか。

それは、内見者を増やすことと内見者に満足してもらい成約率を高めること、この二点に尽きると思います。

それぞれについて、実践できる対策をまとめました。

■内見者を増やす

⒈ 宣伝方法を増やしてみる

物件の存在をなるべく多くの人に知ってもらう必要があります。

そのために、管理会社以外の不動産会社にも頼んでみたり、新聞やフリーペーパーに掲載を頼んでみたりといった方法があります。

また、今の時代、Webの拡散力には目を見張るものがあります。

そのため、Webサイトを作ったり、Web上の不動産比較サイトに載せてもらったりすることも効果的かもしれませんね。

⒉ 掃除・リフォームする

物件を探す人にとって、内装や外装の写真も重要な指標になります。そのため、内装や外装の写真が汚れていると、内見する気もおきないと考える人も多いようです。

特に、洗い場、トイレやお風呂といった水回りは汚れやすいようです。

水回りの清潔さは物件の評価に直結します。できるならば、大家さん自身で掃除するのもいいかもしれませんが、退去直後などは思い切って、ハウスクリーニングを頼むのもいいかもしれません。

水回り以外にも、エアコンの中などの掃除もやってもらえますよ。
また、内装の設備が古くなっているために内見者が増えない場合があります。

そうした場合は、掃除だけではなく、リフォームも検討してみるのがおすすめです。

■成約率アップ

⒊ 定期的なメンテナンス

部屋が汚れているというのは、当然のように成約に至らない原因となります。

退去直後だけでなく、掃除やメンテナンスは定期的に必要です。なにもしていなくとも、ホコリなどは部屋に溜まっていきます。

また、定期的に通水作業を行わないと、トラップの中の水がなくなり、部屋中に異臭が充満しているなんてことも起こり得ます。

自分で掃除をする習慣をつけるか、清掃業者に定期的に依頼するといったような工夫が重要です。

「事前に見ていた写真はキレイだったのに…実際は汚かった」となると、高い期待値の分、物件を過小評価されやすいようです。気をつけましょう。

⒋ 内見に来た方を徹底的にもてなす

内見者に満足してもらうこと、それは明確に成約率アップにつながります。

そのため、内見者のためにスリッパを用意したり、芳香剤を玄関に置いておいたりというようなおもてなしが重要です。

内見者に会える場合は、言葉遣いなどに注意しましょう。

歓待する気持ちは言葉の節々に現れるものです。

■まとめ

空室にお悩みの皆さんにおすすめなのはやはり清掃でしょうか。

内見者を増やすためにも、来てくださる内見者との成約率をあげるためにも、掃除は効果があります。

というより、入居してもらう前提とも言えるかもしれません。

時間を作って定期的に掃除をすることをおすすめします。

お忙しい方は、ハウスクリーニング業者に依頼して見てはどうでしょうか。