空き事務所やマンションの空室にお悩みの大家さんも多くいらっしゃるかもしれません。

しかし、空室であることはしっかりと掃除をするチャンスであるともいえます。空室を機に、エアコンを掃除してみてはどうでしょう?

「うちのエアコン多機能だから、自分で掃除してくれるの。」そう思ってしまうのも無理はないですが、そんなあなたにこそ、エアコンのお掃除が必要かもしれません。ご一読ください。

■このエアコン、自動お掃除機能がついてるから。

そんなことを思って、エアコンの掃除をしていない方、いらっしゃると思います。

自動お掃除機能・お掃除ロボットが登場した当初は衝撃でした。

掃除が必要でめんどくさい家電の筆頭、エアコン。「そんなエアコンが自分で掃除してくれるなんて!掃除する必要なくなるじゃん!」今や、エアコンには当たり前のように、自動お掃除機能が搭載されています。

■でも、お掃除は必要

エアコンに一般的に搭載されているものは自動「フィルター」お掃除機能です。そもそも、エアコンは冷気を吐き出すと同時に、部屋中の空気も吸い込みます。

そして、その際に部屋のホコリも吸い込んでしまい、そのホコリはエアコンの表面やフィルターに付着することになります。

そのため、フィルターを自動で掃除してくれる機能は非常に便利です。フィルターを掃除する手間がなくなりますから。

しかし、あくまで掃除をしてくれるのはフィルターのみであって、エアコンの内部までは掃除しているわけではない、ということには注意が必要です。

表面やフィルターは比較的キレイでも内部はホコリでいっぱい、そんなこともあるのです。特に、送風口や熱交換器部分にはホコリがたまりやすいようです。

そして悲しい事実がもう一つ。自動お掃除機能がついたエアコンは従来のエアコンよりも複雑になっています。

そのため、内部を洗浄するのが、以前よりも大変になっています。

楽になると思って買ったものが、むしろ手間がかかるという皮肉な状況が生まれているのです。

■うちのには、内部クリーン機能もついてるよ!

内部クリーン機能とは、エアコン内部を乾燥させカビの繁殖を防いだり、エアコン内部で放電しダニなどを分解したりする機能です。冷房や除湿運転の際には、エアコン内部が結露するため、カビが発生します。

そのため、内部クリーン機能も効果的な機能の一つです。

しかし、その機能もまだ完璧ではありません。そのため、長く掃除していないとカビができ、異臭がするなんてこともあります。

■まとめ

高機能・多機能なエアコンもたくさん発売されていますが、掃除の必要性は変わっていないようです。

そして、フィルターを掃除してもにおいやホコリが気になるのであれば、それは内部の汚れが原因かもしれません。

しかし、自分でできる掃除は、表面やフィルターを掃除するぐらいが関の山ではないでしょうか。

多機能エアコンの内部は複雑化しているため、それが普通です。

そのため、内部洗浄はハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。

業者には、内部洗浄のノウハウが蓄積されているため、エアコンをパーツに分けた上で、洗浄をしてくれます。