スポンサーリンク

おそうじに使う洗剤については大家さんだけでなく工務店の職人さん、監督さんなど様々な人から聞かれます。

「内装工事に関してはわかるけど薬品についてはちょっとねぇ」

一口に洗剤と言ってもいろいろあります。

油汚れ用、お風呂用、水垢用、漂白剤、シール剥がし、サビ取り剤など、簡単にいくつか上げてもこれだけあります。

今回はその中でキッチンの油汚れ用洗剤について記事にしていきます。

油汚れ用洗剤

油汚れ用洗剤と聞くと真っ先に思い浮かぶのは重曹ではないでしょうか。

年末によくやるTVのおそうじ特集や掃除方法について書かれた本などには必ず載っていますね。

他に有名なのはセスキ炭酸ソーダやアルカリ電解水などでしょうか。

TVや書籍で言っているように、これらは油汚れに有効と言えます。

なぜなら重曹や炭酸ソーダはアルカリ性だからです。

油汚れは酸性。アルカリ性洗剤が有効。

一般的に汚れを落とす方法というのは、中和させて落とすということです。

キッチンの汚れはほとんどが動植物系の油です。性質は酸性でプラスの電荷を帯びています。

逆の性質(マイナスの電荷)をもつアルカリ性の洗剤を使用すれば、酸性の汚れは中和され落としやすいということです。

ですから重曹やアルカリ電解水は油汚れに効くとされています。しかも界面活性剤不使用であるため、環境にやさしいというメリットもあります。

主剤と補助剤の必要性。

でも長年にわたって蓄積されたガスコンロの五徳や換気扇の酷い汚れに重曹では歯が立たない、という方もいると思います。

そうです。クリーニングにおいてはプラスとマイナスの電荷の性質よりも洗剤の洗浄能力や化学作用によるところが大きいのです。

主剤となる界面活性剤をはじめ、キレート剤(金属封鎖剤)・安定化剤・溶剤などの補助剤が総合して汚れに効力を発揮します。

つまり一般的に言われているエコ洗剤と呼ばれるものでは、過度の汚れにたいしては限界があります。

業務用洗剤をご紹介。

それではどのような洗剤を使えば、より汚れを落としやすいのでしょうか。

そこで業務用洗剤をいくつかご紹介します。

  • リンダ グリラーNEO
  • シーバイエス ブレークアップS
  • ニイタカ ニューケミクール

上記は多くの清掃業者がよく使っている洗剤です。ホームセンターでも一部見かける商品もあります。

洗浄力としては色々と意見がありますが、どれもあまり変わらないように思います。

一番安価なのはニューケミクールでしょうか。

ちなみに当店で使用している洗剤は、リンレイのオイルハンターストロングです。

  • 植物原料由来の界面活性剤を使用
  • PRTR非該当
  • 環境ホルモン疑義物質を原料として不使用
  • シックハウス・シックスクール配慮

という特徴があります。お勧めです。

▶PRTRとは
▶環境ホルモン疑義物質とは
▶シックハウスとは

使い方。温度と時間の重要性。

汚れや素材の状況に応じて水またはお湯で希釈して使用します。

希釈倍率についてはそれぞれの洗剤の説明書きを見て確認してください。

よく聞く話ですが水よりもお湯を使用した方が汚れはよく落ちます。これは洗剤は44度をこえる温度では効果が倍になるという化学的なデータによるものです。

また、汚れに洗剤を吹き掛けたら少し時間を置くことも大切です。なぜなら、汚れに浸透する時間が必要になるためです。

以上がキッチンの油汚れの落とし方についての説明となります。参考になれば幸いです。