東京のマンション経営者・オーナーのみなさま、
空室がなかなか埋まらなくて困っていませんか?

東京は人が多い分、マンションも多く競争が激しいと思いますが、実は空室を埋める重要なポイントとして「清潔感を保つこと」が挙げられます。

では、今回は空室を埋めるため清潔感を保つことについてお話ししたいと思います。

■清潔感を保つためのハウスクリーニングという選択肢

マンションの入居者は様々な項目を比較して入居するマンションを考えます。
例えば、学校や職場からの距離、耐震性、間取りと収納などがあります。

しかし、学校や職場からの距離は人によって異なりますし、耐震性や間取り・収納を変えるには膨大なお金がかかります。

そこで、比較的安くできて、効果が高いものとして「ハウスクリーニング」があげられます。

誰でも部屋がきれいな状態で過ごしたいものですが、マンションを下見した際にきれいでは無かったら、マイナスの印象を受けます。逆にきれいであれば好印象であること間違いないでしょう。

プロのハウスクリーニング業者に清掃を依頼することで、お客様が入居される前に、より清潔感が増した部屋にしておきましょう。

■見た目では分からない汚れに配慮する

入居後の心地よく住んでもらうためにも、見た目では分からない汚れに配慮する必要があります、入居後に快適に暮らしてもらえれば、口コミや評判も良くなり、入居者様が長期間住んでもらえる可能性が上がります。

〇エアコンの効きが悪い

大家さん・オーナー様が掃除する際に、エアコンまでチェックされていない場合もいるようです。

エアコンは長年使用されていると、悪臭を発したり、効きが悪くなったりします。
これはメンテナンスが適切にされていな場合に起こるため、定期的にメンテナンスをする必要があります。

〇排水口・排水溝・換気扇から臭いがする

排水口・排水溝・換気扇から臭いがする際は、掃除が行き届いていない証拠です。
大家さんやオーナー様が掃除される際には気づきにくい部分ですが、臭いに敏感な虫が寄ってきたり、悪臭が強くなってきたりして、入居者様からの評判が悪くなります。

■おわりに

空室が埋まらなくて悩んでおられる大家さんやオーナー様は、一番お手頃な値段で簡単にできて、効果が高いハウスクリーニングをやってみてはいかがでしょうか?
大家さん・オーナー様が気づきにくいところまでしっかりと清掃し、清潔を保つことで、評価の高いマンション経営を行いましょう。