スポンサーリンク

本日は都内某所の築25年のマンションの一室のお掃除に行ってきました。

今回の物件ではいつものように業務用洗剤などはあまり使う必要はありませんでした。

なぜなら、窓以外すべてリフォーム済みだからです。

いわゆるリノベーション物件ですね。

新築と同じ設備。リノベーション物件!

冒頭でお話しした通り、窓・サッシ以外はすべて新品となっております。

つまりキッチン・レンジフード、浴室一式、洗面台、洗濯パン、トイレといった水回りからビニールクロス、床フローリング、ドアなどの建具までキレイに交換されているという物件です。

今回は照明器具まで新品となっておりました。

巷ではリノベーション物件と呼ばれています。

中古物件ではありますが、設備は新築同様となっております。

リノベーションの費用は?

一から作り上げる新築よりも費用的に安く済む。でも新築とほぼ同じ設備の物件が仕上がります。

当然、分譲でも賃貸でも売れやすいというリノベーション!

とは言え、ビニールクロスやレンジフードだけなど一部の設備を新規に入れ替えるリフォームとは費用の桁が違ってきます。

ではどのくらいの費用がリノベーションにはかかるのでしょうか?

  • キッチン設備一式交換:50万円~100万円以上
  • 浴室一式交換:50万前後
  • トイレ交換:10万円前後
  • 床材張り替え:2~5万円/坪
  • 壁紙張り替え:1000~1500円/㎡

キッチン設備はトップ(天板)が天然石か人工大理石、あるいはステンレスかによって値段が変わります。

床材もフローリングで言えば無垢か合板かで違いがあります。

更に上記に加え、建具などの交換費用もプラスされます。

一般的には間取りを変えないリノベーションの場合、300万前後かかると言われています。

掃除・清掃(クリーニング)

リノベーション物件の掃除ですがほとんど新品なので業務用洗剤や大がかりな機材は使いません。

掃除機での吸い込みと水拭きがメインとなります。

リノベーション1

リノベーション2

今回大変だったのは納期の関係により内装工事がまだ途中で、クロス屋さんや電気屋さん、水道屋さんなどと同時進行で作業しなければならなかったことです。

クリーニングは最終工程ですから、他の職人さんたちの作業が終わらないと掃除できないからです。

でも内装の職人さんたちは我々掃除屋に気を使ってくださって、色々やりやすいようにしていただきました。

ありがとうございます!