スポンサーリンク

賃貸マンションの空室のキッチンを掃除する際に油汚れや水垢を落とすのに苦労していませんか?
しつこい水垢や油汚れはなかなか落とすことができず、個人で対処するには難しいです。
そこで、ハウスクリーニング業者の出番です。

東京で展開しているヒカリ清掃サービスが、ハウスクリーニング業者に依頼したら、どのような問題がどのように対処されるのかについてお伝えしていきたいと思います。

■キッチンで起こるしつこい汚れ問題

〇水垢

水垢の原因が何かご存知ですか?
水道水には一般的にミネラルと呼ばれる成分が含まれているのですが、水垢の正体は蒸発せずに残ってしまったミネラルなのです。

放置していると、蒸発せずに残ったミネラルが蓄積されていき、最終的にこびりついて取れないしつこい水垢問題が起こるのです。

ファブリックシートという青色のナイロンスポンジを水で濡らし、ベストベットという液性が酸性のクリームクレンザーで磨くことにより水垢を除去することができます。

〇換気扇の油

キッチンで料理をしたら脂が蒸発して換気扇の中に入っていきます。

数年すると、換気扇内に油がこびりついてしまう状況になるので、個人では対処できない段階まで陥ってしまいます。

業者がこの換気扇を掃除する際は、一旦換気扇を取り外し、部品を分解してから掃除をします。

全て部品を分解した後、掃除機で塵を取り除いてから、本体に傷をつけないようにプラスチック製のスクレーパーを使って油を落としていきます。

部品が全てきれいになったら、組み立てて再度取り付けます。

〇ガスコンロの焦げ付き

ガスコンロの焦げ付きは難易度が高く、油汚れがしつこすぎてなかなか取れません。
ガスコンロは、濃度の高いアルカリ性洗剤とお湯を使用して焦げ付きを取り除きます。

洗剤は44℃以上で効果が上がるので、高温の洗剤にガスコンロを漬け置き、スクレーパーで汚れを落としていきます。
ガスコンロは油が付着しているため、あまり掃除をしたくない部分だとは思いますが、油の蓄積は強敵なので、入居者が入れ替わるたびに掃除しておきましょう。

■おわりに

賃貸マンションでは、入居者が入れ替わるたびに掃除をすべきです。特にキッチンはこまめに掃除しておかないと、油汚れや水垢が蓄積されていき、しつこい汚れに変身します。

個人では、落とせなさそうな汚れがあれば、掃除をしないのではなく、掃除のプロであるハウスクリーニング業者に依頼して室内を清潔に保つように心がけると、より魅力的なマンションになるでしょう。