スポンサーリンク

お引っ越しの際にお悩みになるのが住んでいたお部屋のおそうじです。

大変だから業者に頼もうか、お金かけたくないから自分でやろうか。

これは立場によって判断が変わってくると思います。

空室クリーニング

住んでいた物件のお部屋全体の清掃の作業箇所は主に次の通りとなります。

  • キッチン・換気扇
  • お風呂・浴室
  • 洗面所
  • トイレ
  • 窓・サッシ
  • ベランダ
  • ドアなどの建具
  • スイッチ・コンセントプレート
  • 照明器具
  • エアコン
  • 壁面・ビニールクロス
  • 収納内部

掃除は誰でも普段からやっていることですが、これだけの数をおそうじするとなると大変です。

では業者に頼むべきか否か、それぞれの立場から見ていきたいと思います。

賃貸マンション・アパートを返す(借主)

賃貸契約を結んでお部屋に住んでいる借主の場合。

1K・ワンルームの間取りのアパートの場合は敷金・礼金ゼロの物件が多い昨今ですが、契約時にハウスクリーニング料だけは取られたりします。

また、退去後は清掃以外にクロス(壁紙)の張り替えや床材、あるいは水回りの交換など、内装工事が入ることが多いです。

事前にハウスクリーニングを入れても結局、掃除が必要となり、大家さんや不動産屋さんの抱えている清掃業者が作業に入ることになります。

ですので引っ越し後のお掃除は自分で頑張ってやるのも問題ないと思われます。もちろん大家さんとの契約にもよりますが。

物件を法人名義で借りて社宅や寮として使用している場合は次の入居者のことを考える必要がありますので、業者に頼むのもアリです。

また、掃除をする時間が無い。あるいは自分では大変なトコロだけお掃除してほしいという場合は業者を頼んだ方が良いでしょう。

全体よりも部分的にの方が料金を抑えられる場合が多いです。

次の入居者に備えて物件をキレイにしたい(大家さん・オーナーさん)

入居者を募集したい、物件を売却したい大家さんやオーナーさんの場合。

このケースは確実に掃除業者に依頼した方が良いです。

掃除と聞くと誰でも出来そうですが、プロが作業したのと一般の方がしたそれとでは仕上がりに圧倒的な差がでます。

清掃業務で特に難しいのはキッチン、換気扇、お風呂、トイレなどの水回りです。

換気扇・キッチンは油汚れが手強く、浴室は汚れの種類が多いため、基本的に洗浄難易度が高い場所となります。

オーナー様が自分でお掃除した、あるいは知り合いに掃除を頼んだというケースで後から問題が起きて、当店に依頼が来たことが何度かあります。

そのような現場はガスコンロの五徳の焦げ付きがまったく落ちていない、建具に拭きムラが残っている、お風呂の汚れが落ちてないなどの状況である場合がほとんどです。

汚れが落ちてない程度なら良いのですが、知らずに薬品を使ったことで素材が変色した、ステンレスが腐食した、洗剤の垂れ跡がついたなど、もはや清掃ではどうにもならない状態のケースもあります。

結論として掃除業者に徹底清掃してもらうことが必要となります。