スポンサーリンク

大家さんにとって大きな悩みとして代表的なものが空室と滞納です。

なかなか契約が決まらず、空室のままだとまったく収入になりません。

しかし、たとえ入居者がいても家賃を支払ってくれない場合はもっと大変です。

なぜなら入居中である以上生活しているため、物件内の設備は最低限汚れていきます。月日を追うごとに原状回復費用がかさむ可能性が高くなるということです。

更に家賃滞納者に出て行ってもらわない限り、次の入居者を募集することもできません。

家賃滞納者は常習犯?

入居直後から家賃を支払わない滞納者は、家賃を支払わないことに慣れている常習犯の可能性が高いです。

たまたま金欠とか、忘れていた、などというかわいいものではありません。ほぼ確信犯です。

したがって督促状を出しても無視されます。

物件の明け渡しを多く扱っている弁護士さんなどは、同じ滞納者の手続きをすることがあるそうです。

家賃滞納常習者はゼロゼロ物件に多い

実は家賃を平然と滞納する常習犯は敷金・礼金ゼロのゼロゼロ物件に多く現れます。

理由はもちろん、高額な初期費用を用意する必要がなく、経済的に苦しい人でも簡単に入居できるからです。

滞納常習犯の中には住んでいる物件を追い出されたら、次のゼロゼロ物件を見付けて点々と渡り歩いている人もいるそうです。

ではそんな厄介な滞納者に対応するにはどのような方法があるのでしょうか。

話し合いで解決(任意交渉)

家賃を払わず、のうのうと我が所有物件で暮らす滞納者には腸が煮えくり返る気持ちでしょう。

ですが何とか気持ちを落ち着けて冷静に話し合いをしましょう。

常習犯でない場合、家賃を支払ってないことに罪悪感を感じていますから話し合いでも十分に通じる余地はあります。

また、滞納者にも事情がある場合もあり、一方的に催促することで余計にこじれるというケースは意外と多いそうです。催促はする方も大きなストレスになりますから頭ごなしにガツンと言ってしまうのでしょう。

気持ちはわかりますが、やはり冷静さを欠かないということが大事です。

常習犯の場合、直接会ってもひたすら無視される、走って逃げる、ひどいときには逆ギレされるなどもあるかもしれません。この場合は本当に腹が立ちます。

しかしこのような状況でも、とにかく冷静になってどのような話し合いをしたのか、またはどんな態度だったのかを日付とともに記録しておきましょう。

法的手続き

入居直後すぐに支払いが滞った場合は常習者の可能性が高いので、弁護士さんなどに早めに相談するのが良いです。

ただし、家賃滞納で訴訟を起こすには最低でも3か月の滞納期間が必要となります。

それまでの間、話し合いによる解決を目指しましょう。

たとえ話し合いにならなくても、こちらの呼びかけに対しどのように応じたかを詳細に記録することが大切になります。

借家法は借主を守る為の法律です。したがって借主に有利に働きます。

ですので裁判になった場合、たとえ状況証拠でも大家さん側が被害者であると強くアピールする必要があるのです。

家賃滞納を予防するには?

家賃を滞納する常習犯を予防するにはどうすれば良いのか?

すべての大家さんが実施していることですが、まず入居希望者を厳しい目で審査するということです。

引っ越しの理由は?なぜこの物件を選んだのか?現在住んでいる物件の価格や広さは?

など、引っ越しに納得できる理由を探しましょう。

入居を急いでいる希望者は特に注意が必要です。現在の住まいで退去を迫られている可能性があります。つまり常習者です。

また、空室が続くと早く入居者を決めたいために条件を下げてしまいがちになります。

敷金・礼金0にしてしまうと入居の敷居が低くなってしまうため、滞納常習者を呼び寄せてしまう危険が高くなります。

条件を下げるのではなく、物件自体の価値を上げるというのがやはり理想です。

参考になれば幸いです。