本日のハウスクリーニングは港区の飲食店でのトイレ掃除です。

といっても通常の清掃作業ではなく、ハンドポリッシャーを使用しての再生研磨となります。

尿石・水垢やカビなどの汚れはもちろん、失われた光沢も蘇らせます。

また今回はフッ素コートも承りました。

トイレクリーニング

トイレのお掃除はどうされていますでしょうか?

一般的には便座や蓋はタオルと中性洗剤で拭き、便器の中はサンポールなどのトイレ用洗剤を使ってブラシでゴシゴシ擦って流す、という作業になると思います。

定期的にお掃除していれば除去できない強固な汚れは出来ないと思います。

しかし一旦酷く汚れてしまったものをキレイにするのは難しい。

トイレ・便器の汚れ

トイレの汚れと言えば水垢・尿石、カビと主にこの3つです。

黒っぽい汚れはカビですが、カビは塩素系洗剤で簡単に除去できます。水垢・尿石の二つは主成分が炭酸カルシウムですので酸性洗剤で解いていき、除去します。

もちろん、塩素系洗剤と酸性洗剤を同時には使用しません。有毒ガスが発生するので大変危険です。

しかし水道水のシリカ(ケイ酸塩)成分による水垢は除去が困難となります。所謂、カルキやスケールと呼ばれるウロコ状の汚れです。

なぜ落とすのが難しいのか?

まず単純に汚れ自体が硬いということです。これはカルシウム成分も同様ですが、水が付着→蒸発→水垢成分が残る、を繰り返していると汚れが層となり洗剤を使用してもなかなか落ちません。

またトイレの便器の素材は基本的に衛生陶器です。陶器表面には釉薬(うわぐすり)と呼ばれるガラス性質のものによってコートされています。

この釉薬もケイ酸塩を主成分としたもので、これが水垢のケイ酸塩と一体化してしまいます。

この場合、洗剤での除去は困難となり、直接磨いて落とすこととなります。

便器の再生研磨

今回の清掃対象となるトイレです。飲食店内のトイレですが一般家庭のと同じ洋式トイレです。

これは通常のクリーニングは完了した後の写真ですので一見するとキレイです。しかし・・・。

写真では少しわかりづらいかもしれませんが、水垢がまだ便器の陶器表面に付着しています。

これは上記に記載したようにシリカ(ケイ酸塩)成分の水垢です。この水垢を機械研磨でキレイに除去していきます。

専用の研磨剤と研磨パットで4工程、傷を付けないよう丁寧に磨きました。汚れの除去だけでなく光沢の復元も実現させております。

フッ素コート

今回の依頼では通常のトイレクリーニングの他に再生研磨までしました。オーナー様が少しでもキレイを維持したいということで、フッ素コーティングを提案。

特殊なシリコン系フッ素被膜を陶器表面にコーティングして撥水性を高め、新たに汚れが付着するのを防ぎます。

メーカー試験による耐用年数は1年~3年(状況により異なります)。

上の動画は実際にフッ素コートを施工したトイレに水を流した時のものです。流した水を確実に撥水しているのがわかります。

トイレクリーニング詳細

料金:8,000円(便器の磨き作業は+7000円

作業時間:0.5~1時間(磨く場合は時間が伸びます)

フッ素コート:2,000円(作業時間は20分ほど)

専用ページはトイレ清掃陶器磨きです。

ご依頼・お問い合わせ

ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。

営業エリア

東京都

足立区、葛飾区、墨田区、台東区、荒川区、文京区、千代田区、江戸川区、江東区、中央区、港区、品川区、目黒区、世田谷区、渋谷区、大田区、杉並区、中野区、新宿区、豊島区、東京都北区、板橋区、練馬区、西東京市、武蔵野市、三鷹市

埼玉県

さいたま市(大宮区、浦和区、中央区、南区、桜区、緑区、岩槻区、見沼区、北区、西区)、川口市、蕨市、戸田市、草加市、越谷市、春日部市、朝霞市、新座市、和光市、八潮市、三郷市