本日は練馬区にてエアコン内部クリーニングです。

今回は自動清掃機能付き(お掃除ロボット)ではなく、通常の家庭用壁掛けエアコンです。

しかしストリーマ放電と内部クリーンという2つの機能がついております。

2012年製、ダイキンのF40MTEV-Wというエアコンです。

ダイキン F40MTEV-W

内部洗浄を行ないますので前面パネル、フィルター、化粧カバーを外していきます。

このタイプのエアコンは自動清掃機能付きタイプのように、熱交換器の前に部品があります。

これはストリーマ放電を行う為の機械です。

ストリーマ放電機能

ストリーマとはプラズマ放電の一種とのことで、高速電子をエアコン内に発生させ脱臭フィルターで捕らえたウイルスやアレル物質を除去または抑制する機能だそうです。

つまりエアコン内部が汚れるのを抑制する機能です。

しかし、フィルターと同じで定期的に清掃する必要があります。

ストリーマーユニット

清掃方法は最初にストリーマユニットを取り出します。

光触媒集塵・脱臭フィルター

ユニットの裏に付いている光触媒集塵・脱臭フィルターに付着した埃を刷毛や掃除機を使って除去します。

この際、水洗いしてはいけません。理由は集塵・脱臭効果が低下するそうです。また、3年に一度は交換することをメーカーは推奨しているようです。

内部クリーンランプ点滅

このフィルターが汚れていますと上の写真にあるように、エアコン本体の内部クリーンのランプが点滅します。

ここで注意点ですが、ランプは一度点滅すると脱臭フィルターを掃除しても消えません。

サインリセット

その際はリモコンのサインリセットを一度押すと消えます。

内部クリーン機能

内部クリーンはストリーマ放電とは別の機能です。実際、ストリーマユニットが付いていないエアコンにも備わっていることがあります。

ストリーマはウイルス等を除去・抑制する機能に対し、内部クリーンは熱交換器や送風口内部のファンなどを乾燥させる役割があります。

機種にもよるようですが、運転終了後自動で働くエアコンもあればリモコンで手動運転するタイプもあるそうです。

エアコン内部を清潔に保つ機能という意味ではストリーマ放電と同じです。

よく勘違いされるのですが、内部クリーンは自動清掃機能やお掃除ロボットと呼ばれる機能とは違います。自動清掃はフィルターを自動で掃除してくれる機能です。

ですので内部クリーンのあるエアコンは通常の壁掛けエアコンと同じ料金、作業時間となります。

分解洗浄

エアコン内部洗浄は熱交換器、ドレンパン、送風口内部(ファン)を洗うのが目的です。

今回のようなタイプのエアコンはストリーマユニットが熱交換器の前に付いていますので、これを外す必要があります。

ビスを4か所外して前面カバーを取り、つながった配線を一か所取って本体からユニットを取り外します。

あとは通常通り養生を施し、高圧洗浄機でエアコン内部を洗っていきます。

詳細・お問い合わせ

価格:9,000円/台(2台目からは8,000円/台)

作業時間:約1時間30分

専用ページ:エアコンクリーニング

下記の注意点についてご了承の上での作業とさせていただきます。

  • 洗浄スペースの確保の為、エアコンの下にある荷物は移動をお願いしております。
  • 作業前の動作確認に必要となる為、リモコンのご用意をお願いしております。
  • 作業できるエアコンの高さは、3メートル以内とさせていただきます。
  • 高圧洗浄機使用の為、水と電気をお借りいたします。
  • 外した部品を洗浄する為、浴室の洗い場かベランダをお借りすることがあります。
  • お煙草のヤニなど、過度の汚れ場合、完全に臭いを除去できない場合がございます。
  • エアコンと壁、天井の隙間がなく、分解できない時は作業をお断りする場合がございます。
  • 駐車スペースが無い場合、パーキング代をご請求させていただいております。
  • 10年以上のエアコンについては、部品の生産終了等の理由により、保証対象外となります。

ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。