本日のハウスクリーニング依頼はエアコン内部クリーニングです。

そろそろエアコン洗浄の忙しい時期となってきました。

今回の洗浄対象となるエアコンは通常のルームエアコンではなく、自動お掃除機能付き、いわゆるお掃除ロボットです。

自動清掃機能(お掃除ロボット)とは他の記事でも書いてありますが、フィルターに付着した埃・ゴミを自動で除去してくれる機能となります。

清掃ユニット左右移動式とフィルター上下移動式の2つ。

回収した埃・ゴミの処分方法も2通りあって、配管を通して外に排出するタイプと備え付けのダストボックスに収納するタイプ。

今回の三菱霧ヶ峰はフィルターが上下に移動して埃を回収しダストボックスに収納するお掃除機能となります。

この清掃ユニットを外す必要がある為、通常のルームエアコンよりもはるかに分解結合に手間がかかります。

その為に清掃料金も高く設定されていることが多いようです。

化粧カバー・ルーバー取り外し

まずは通常の壁掛けエアコンと同様に前面パネルを外します。

お掃除ロボットエアコン

ダストボックスを外し、

フィルター

フィルターを取ります。左側も同様です。

ここまでは一般のご家庭のお掃除でもやる作業と思います。

ルーバー

ルーバーを外します。

化粧カバー

ビスを取って化粧カバーを外します。

今回のMSZ-L2516-Wは合計で8個のビスがありました。お掃除ロボットエアコンの中では少ないほうです。

応急運転ボタンなどが取り外せますので外し、残りのカバーの部品を取ります。

お掃除機能ユニット取り外し

お掃除ユニット

さあ、大変なのはここからです。

エアコンクリーニングでは熱交換器(アルミフィン)、ドレンパン、送風口内部(ファン含む)を洗浄します。

しかし、熱交換器を洗浄するにあたってフィルター清掃ユニットが邪魔になります。

ですのでお掃除ロボットと呼ばれる部品を外す必要があるのです。

今回の霧ヶ峰(MSZ-L2516-W)にはユニット自体が本体とビスで固定されているということはありませんでした。

従って、分解するにあたって必要なのは配線のコネクタを外すということです。

お掃除ユニット配線

ユニットと直接本体を繋ぐ配線を探し出します。

繋いでいた配線は3つ。黄色3本の配線、青黒の配線、水色3つの配線の3つです。

これで本体からユニットを外せます。

取り外しました。

エアコン分解完了

分解完了です。

エアコン内部洗浄

エアコン養生

エアコン本体はもちろん、その下の床や壁、周辺の家具などに必要な養生を施します。

今回、養生や洗浄時の写真を撮り忘れたので前回実施した日立のお掃除機能付きエアコンの写真を代用しています。

先述しましたがアルミフィン、ドレンパン、送風口内部に専用洗剤を噴霧器にて塗布します。

時間を置いた後、高圧洗浄機で満遍なく洗浄。洗い流します。

詳細・お問い合わせ

自動清掃機能付きルームエアコン(お掃除ロボット)の内部洗浄の詳細は次の通りです。

料金:15,000円/台

時間:2.5~3時間

下記の注意点についてご了承の上での作業とさせていただきます。

  • 洗浄スペースの確保の為、エアコンの下にある荷物は移動をお願いしております。
  • 作業前の動作確認に必要となる為、リモコンのご用意をお願いしております。
  • 作業できるエアコンの高さは、3メートル以内とさせていただきます。
  • 高圧洗浄機使用の為、水と電気をお借りいたします。
  • 外した部品を洗浄する為、浴室の洗い場かベランダをお借りすることがあります。
  • お煙草のヤニなど、過度の汚れ場合、完全に臭いを除去できない場合がございます。
  • エアコンと壁、天井の隙間がなく、分解できない時は作業をお断りする場合がございます。
  • 駐車スペースが無い場合、パーキング代をご請求させていただいております。
  • 10年以上のエアコンについては、部品の生産終了や機械の寿命の関係により、保証対象外となります。

専用ページはエアコンクリーニングです。

ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。