本日はエアコンクリーニングです。

いつもやっている家庭用壁掛けエアコンですが、今回はちょっと違います。自動清掃機能付き(お掃除ロボット)エアコンの内部洗浄です。

日立エアコン白くまくん

2010年製の日立(HITACHI)のエアコン、白くまくん。

自動清掃機能、いわゆるお掃除ロボットというのはエアコンに設置されているフィルターについた埃を除去する機能です。

日立・白くまくんエアコンクリーニング

お掃除ロボットエアコン

この日立のエアコンの清掃機能は掃除ユニット左右移動式で、回収した埃やゴミはダストボックスに収集するタイプとなります。

と言っても、お掃除機能の有無に関わらず、エアコンクリーニングの目的は変わりません。洗浄の対象は次の3つとなります。

  • アルミフィン(熱交換器)の洗浄。
  • ドレンパンの洗浄。
  • 送風口内部(シロッコファン)の洗浄。

このうち、アルミフィンとドレンパンの洗浄に邪魔になるものがあります。お掃除機能ロボットのユニットです。

これがアルミフィンの前に付いている(フィルターを掃除する為の機能なので)為、これを外す必要が出てきます。その為通常のエアコンよりも作業時間、また施工料金が違ってきます。

機能点検

はじめに機能点検を行います。

機能確認

エアコン本来の暖房、冷房、送風、除湿。それに加え、風向や風量の確認。

お掃除ロボットの場合はそれだけではなく、自動清掃機能の確認もしなければいけません。

先述した通り、この日立の白くまくんはユニット左右移動式です。それが一往復してキチンと動作しているか確認します。

お掃除ロボット

問題ないようなので、これから分解・養生・洗浄作業に入っていきます。

分解

カバー

通常のエアコンと同じく、最初に外観の化粧カバーやルーバーを外します。

ビスは全部で4つ。ナショナル・パナソニックやシャープ、富士通に比べれば少ない方です。

次にお掃除ユニットを外します。

コネクター

ユニットはネジの他、本体に接続されているコネクターを外さなければ完全に分離できません。

該当する配線を一つずつ慎重に外していきます。

配線

配線の収納状況もしっかりと記憶します。結束バンドでまとめられていることが多いですが、結合する際にできるだけ元の状態に戻します。

エアコン部品

分解した部品です。それぞれ個別に洗浄・清掃していきます。

ビス

今回の分解にあたって外したネジです。合計10個。

お掃除機能付きを分解する場合、通常のエアコンより圧倒的にネジの数が多いので、このように小分けにして管理します。

分解完了

分解完了。養生を施して洗浄する状態にできました。

養生・洗浄

養生は普通のエアコンより強固に養生します。

清掃機能にかかわる電子部品が多少残る為です。それらに水分がついてはいけないのでしっかり養生します。

エアコン養生

養生が完了すればあとは同じです。噴霧器を用いて洗剤をアルミフィン(熱交換器)、送風口内部に満遍なく塗布します。

時間を置いた後、高圧洗浄機にて洗浄。

シロッコファン(送風口内)の洗浄後の写真です。

アルミフィンの洗浄後の写真となります。

今回のエアコン内部に溜まっていた汚れは次の写真となります。

エアコン内部汚れ

真っ黒です。

外した部品は個別に洗浄します。電子部品が付いていないカバーやルーバーなどは洗剤を用いて水洗いしますが、清掃機能のユニットだけはそうはいきません。

ユニット掃除

刷毛で埃を払い、タオルで汚れを拭き取っていきます。

全ての洗浄作業が完了した後、外した部品をそれぞれ結合して稼働させます。機能点検を実施するのです。

点検項目は最初に行なったことと同じです。

稼働させる意味としては点検の他に洗浄による水気を乾かす意味もあります。

通常の壁掛けエアコンは洗浄後にすぐ稼働させますが、自動清掃機能付きは部品を取り付けてからでないと動かない物が多いです。

詳細・お問い合わせ

自動清掃機能(お掃除ロボット)エアコンの内部クリーニングの詳細は下記の通りです。

料金:15,000円

作業時間:2.5~3時間

下記の注意点についてご了承の上での作業とさせていただきます。

  • 洗浄スペースの確保の為、エアコンの下にある荷物は移動をお願いしております。
  • 作業前の動作確認に必要となる為、リモコンのご用意をお願いしております。
  • 作業できるエアコンの高さは、3メートル以内とさせていただきます。
  • 高圧洗浄機使用の為、水と電気をお借りいたします。
  • 外した部品を洗浄する為、浴室の洗い場かベランダをお借りすることがあります。
  • お煙草のヤニなど、過度の汚れ場合、完全に臭いを除去できない場合がございます。
  • エアコンと壁、天井の隙間がなく、分解できない時は作業をお断りする場合がございます。
  • お掃除ロボットエアコンは一部対応できない機種がございます。
  • 駐車スペースが無い場合、パーキング代をご請求させていただいております。
  • 10年以上のエアコンについては、部品の生産終了等の理由により、保証対象外となります。

当ホームページの詳細ページのエアコンクリーニングもご参考下さい。

ご依頼やお問い合わせなどは下記電話やメールフォームにてご連絡下さい。

お電話では「ホームページを見て・・・」とお伝えいただければスムーズです。